ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

2018-01-15から1日間の記事一覧

I've Never Been To Meの歌詞がすごかった件

洋楽カラオケの記事を書こうとオススメ曲のピックアップをしてる最中、I've Never Been To Me(邦題:愛はかげろうのように、歌手:シャーリーン)の歌詞を読んで驚きました。これはメロディとは裏腹なすごい内容。多分ほとんどの人がサビを知ってるはずなの…

Consider It Done. / 任せておいて

Consider it done.は何か頼まれた時の定番の返答です。ここでitは頼み事。それが終わった(done)と考えておいて(consider)、と言うわけですから、俺がやっとく→俺に任せておいて、というニュアンスになります。それでは、実際の海外ドラマの中での使われ…

Situation / 緊急事態

situationは状況という意味ですが、予期していない問題が発生した時には、We have a situation.と緊急事態として使われます。典型なパターンは、みんなが談笑してる時に部下が蒼白な顔して部屋に入って来て、このセリフWe have a situation.を言う。すると、…

Reckoning / 報い、罰

reckonと言えば、ブリティッシュやオーストラリア英語で「思う」として使われるイメージですが、だからアメリカドラマではそれほど見かけない感じですが、そのing形の名詞reckoningはたまに目にします。そしてその意味が「報い、罰」というなんか怖そうな響…

Young Sheldonの評判2

Young Sheldonの評判 - ドラマの中の英語 オンエアーが始まったばかりの頃に、Young Sheldonの評判と言う記事を書きましたが、エピソード11がちょうど終わった現時点で、IMDbのレートを見てみると向上しているようでしたので、この2ヶ月ほどのレビューを…

ドラマの中で使われる God が入っている英単語

God という文字が入っている英単語を海外ドラマのシーンを通して見ていきます。godspeed、godsend、godforsakenの3単語です。