ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

ベター・コール・ソウル

海外ドラマ「ベター・コール・ソウル」が言及されている記事一覧

Marry, Get Married, Marriedの違いを海外ドラマで説明

marry, get married, marriedの違いを海外ドラマの様々な場面を使って説明していきます。左手薬指に光る指輪のmarried、プロポーズのmarry、そして結婚式のget marriedです。

海外ドラマの中に出てくる文字を読む

記事タイトルの通り、海外ドラマの中に出てくる文字を読んで行こうかなと思います。これが結構面白いんです。

What's Your Angle? / 真意は何?

angleには隠れた意図・真意と言う意味があります。だから、What's Your Angle? と言えば、真意は何か聞いているんですね。

On Meで見る前置詞Onの意味

「On MeでOnの意味ー」ということで、前置詞onの持つ様々な意味を、on meに限定して見てみます。これが海外ドラマでは結構出てくるんですよね。

Buck / ドル、責任

海外ドラマではおなじみのボキャブラリー「Buck」の2つの意味「ドル、責任」を見ていきます。

ビジネスシーンでの日本語の「宿題」と英語の「Homework」のニュアンスの違い

ビジネスシーンで使われる日本語の「宿題」と英語の「Homework」のニュアンスの違いを、海外ドラマのシーンを通して見てきます。

黒人スラング feel / 分かる

黒人スラングの「feel / 分かる」を海外番組での使われ方を通して見ていきます。

Ask と Tell の違い

Ask とTell の違いを、英語表現「I'm not asking you, I'm telling you.」を元に海外ドラマの実例を見て勉強します。またその応用で、pleaseを付ける功罪も見てみようかなと思います。

推定無罪って「Presumption of Innocence」「Innocent Until Proven Guilty」のどっち?

推定無罪の訳は「Presumption of Innocence」と「Innocent Until Proven Guilty」のどっちが正しいのか調べてみました。Wikipediaは前者の記事。海外ドラマは後者しかヒットせず。Google検索は後者が圧倒。書籍のGoogle Books Ngramだと前者と言う結果

as in / 〜にあるような、例の

as inを説明するのには、誰でも経験したことのある次のシチュエーションを述べればOK。 パソコンが壊れました。サポートセンターに電話します。そこでまずシリアル番号を聞かれるんです。パソコンの背面にある番号ABCD1234...を電話越しに述べます。すると、…

Even a Stopped Clock Is Right Twice a Day

Even a stopped clock is right twice a dayは有名な格言ですね。ネット上のコメントなんかでたまに見かけます。止まってる時計でも一日2回は正しい時刻を指す。例えば、11:22で止まってる時計は、11:22AMと11:22PMの瞬間見たら一応正しいわけです。この格…

ベター・コール・ソウルだった・・・

なんで、ベター・コール・ソールじゃないの? だって、Better Call Saulですよ、Saul。S,a,u,l Saul /sɔːl/ ソール〘男の名〙 辞書も、ほら、ソールじゃないですか。発音記号も見て下さい。/ɔː/ですよオー。ソウルにしちゃうと、韓国の首都か、魂のsoulです…

面白い刑事ドラマボキャブラリー

刑事ドラマといえば海外ドラマの花形。毎シーズン数え切れないほどの番組が生み出されています。そこで今回は、そんな刑事モノのなかで出てくるボキャブラリーで、これはと思った興味深いものを紹介していきます。 Blackmail / ゆする、脅す blackmailは初見…

Zeroを使った英語表現

Zeroを使った英語表現を、海外ドラマのシーンを通して見ていきます。句動詞Zero in On、Zero Tolerance、Ground Zeroの3つになります。

Tops / 最大でも、多くても

topsは会話で最大でもを表せるカジュアルな表現。数字を最初に言って、最後にtopsを付けるだけなので、明日からでも使えます。例えば、 -年末の忘年会の費用は? -4000円、tops. と言った感じ。めっちゃ簡単ですね。 次のBetter Call Saulの場面は、CM撮…

字幕だけ読んで海外ドラマを理解してみる【字幕読み編】

以前からやってみたかった”字幕テキストだけ読んで海外ドラマをどのくらい理解できるのか?”という実験を今回やってみたいと思います。 もし字幕テキストだけでドラマ内容をある程度理解できるのなら、はっきり言ってネトフリ等不要になるし、日本では放映さ…

ベター・コール・ソウルにギルモア・ガールズのレーンが・・・

ベター・コール・ソウル シーズン4エピソード3にGilmore Girlsのレーンが出てましたね。出てきた瞬間わかった(笑) 自分は役者にはあまり興味なく、見る番組を出演する役者で選ぶことも全くないし、自分の興味が持続する内容かだけで決めてるんですけど、…

Effective Immediately / 即時発効にて

Effective Immediatelyを海外ドラマの実際のシーンを通して見ていきます。意味は、即時に効力を発揮するということで、ビジネスシーンでボスなんかがよく使うイメージです。

選択の○○ It Is.

今回紹介する○○ it is.は、複数の選択肢から一つ選ぶ時に使われる表現。辞書見ても文法書見ても載ってなかったので(探し方が難しいので見逃してる可能性も)、とりあえず選択の○○ it is.とでも呼んでおきます。これがよく使われるのは、消去法等で残ったも…

Suffice It to Say / 〜と言えば十分だ

以前書きかけた/書いてる途中で投げ出したボツネタを、夏休み中放出して楽しよう(笑)とするボツネタ企画第四弾は、suffice it to say(〜と言えば十分だ)。この表現、sufficeなんてちょっと見慣れない英単語と共に、倒置になっているところも厨二病心をく…

Better Call Saul Season 4予告編

ベター・コール・ソウルのシーズン4の予告編が来てますね。 www.youtube.com 内容を見ると、Breaking Bad色が更に濃くなる感じです。うざかった(?!)チャックも居なくなって、マイクもガスに雇われるみたいだし。いよいよ終わり(=Breaking Badの始まり…

Broke と Broken の違い

この記事では、Broke と Broken の違いを海外ドラマのシーンを通して見ていきます。簡単に言えば、「金が無い」と「壊れている」の違いです。

I Knew It. / やっぱり。そうだと思った。

I knew it.をそのまま訳せば「私はそれを知っていた。」ですが、海外ドラマなどの日常会話で使われるときはもっぱら、薄々ある事柄に感づいていて、その後その通りであることが判明した際に使われることがほとんど。例えば、友達二人の関係がなんか怪しく思…

海外ドラマの中の Abbreviation

abbreviationは省略形の意味。手紙の最後に P.S. と書いたことある人も多いと思いますが、実はこれがabbreviationの一例です。ちなみに、P.S.はpost scriptの略だそうです。へーへーへー。でも、これってライティング特有じゃないの?と思っていたのですが、…

Now You're Talking. / そう来なくっちゃ。いいこと言うね。

Now you're talking.は現在進行形ですから、中学生でも「あなたは今喋ってる」という意味は分かりますが、本当の意味はちょっと掴むのが難しです。というか、「あなたは今喋ってる」って実際面と向かって言う人はいないですよね(笑) この表現は、相手が及…

Where Was I? / どこまで話したっけ? 何話してたっけ?

Where was I?は自分がどこに居たかを尋ねる表現。文字通りの物理的な場所を聞く場合もありますが(健忘症や酔っぱらいの人限定)、海外ドラマの中では、会話中に話が脱線した場合に、自分が前の話題をどこまで話したか聞くときにも使います。日本語だと「ど…

Don't "直前の呼びかけ" Me!

以前This Is UsのNagasakiやザッカーバーグでやったように、基本、英語は固有名詞はなんでも動詞になりえます。その固有名詞が持っているニュアンスが動詞化するんですね。でも、海外ドラマでよく出る表題の「Don't "直前の呼びかけ" me!」は固有名詞の場合…

Person-to-person / 一対一で、直接

これってあちらの文化なのかもしれませんが、一対一で話し合えば絶対分かり合える、という信念みたいなものがあるみたいです。そんなことを表現する際、この person-to-person が非常によく使われます。この表現が面白いのは、例えば、女性同士なら woman-to…

Anyways

anywayに関しては以前、 「いずれにせよ」三兄弟Anyway、AnyhowとAnywho - ドラマの中の英語 で似た表現を紹介しましたが、最近耳につくようになったのが、このanywaysとsを付ける言い方。もちろん、anywayと同じ意味なんですけど、最後の/z/の音がなんか気…

Something (Else) / 大した人・物

something (else)は通常「何か(他の)」という意味ですが、会話だと、たまに表題の「大した人」の意味で褒めるのに使われる事があります。正確には「大した」ではなく「何か普通とは違う」「何か持ってる」という感じだと個人的に感じますが、いずれも文脈…