ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

ブレイキング・バッド

海外ドラマ『ブレイキング・バッド』が言及されている記事一覧

Near と Nearbyの違い(意味・文法)を調べてみた

nearとnearbyの意味や文法的な違いが気になって調べましたので、その結果をまとめておきます。そして、海外ドラマの中の実際の例を使って説明します。

「at all」が否定文(not)以外で出てくる3つのパターン

肯定文、条件文、疑問文で「at all」が出てくるパターンの紹介です。notを使った否定の時だけでなくてもat allは使われるんです。

ShameとEmbarrassmentの「恥かしさ」の違い

同じ「恥かしさ」の意味を持つShameとEmbarrassmentの違いを具体的な例を通してみていきます。

疑問文内のSomeは「Yes」を期待しているのか?

Practical English Usageに載っていた「Yesの返事を期待する時に疑問文でsomeを使う」が果たして本当か調べてみました。海外番組の様々なシーンをランダムに取り上げての調査です。結果は・・・

OG / 古き良き、昔気質の(ギャング)

ネットでもよく使われる「OG」はOriginal Gangstaの頭文字を取っています。ギャングだけでなく、昔ながらのものを指す時に使われます。

フォーマルな場で敢えて下品なスラングを使うパターン

フォーマルな場で敢えて下品なスラングを使う状況が実はあるんです。部下などを鼓舞したりするときですね。「諸君の検討を祈る」でやる気になる兵士は居ないのです・・・

The Last Thingで否定の意味

The Last Thingで否定の意味になるパターンを海外ドラマ「ブレイキング・バッド」の場面で見ていきます。日本語だと否定にならない気がするので、かなり不思議な表現と感じます。

Truce? / 停戦ね?

今回は「Truce?」と停戦を申し込むフレーズを見てみます。海外ドラマでは、国家間と言うよりも、個人の間にある確執に対する停戦を意味することがほとんどです。

意外な意味を持つ宇宙関連の英語ボキャブラリ

意外な意味を持つ宇宙・天文関連の英単語を見ていきます。この記事を読んだ暁には、満月を見上げる度あるものを思い浮かべてしまうことになるかもしれません。

You Get the Idea. / 分かるでしょ。

「You get the idea」は間接的な説明をした後に用いられるフレーズ。海外ドラマの中で使われる「You get the idea」の面白い実例を紹介します。

What's the Matter? と What's the Matter with You? の違い

What's the Matter? と What's the Matter with You? の違いを調べてみました。with you無しだと心配、with youありだと相手の行動非難なのはwhat's wrongと同じですが、matterはwith youでも心配するパターンがありました

Fruit を「実り」と訳すパターン

fruitを果物のフルーツと訳さないパターンを見ていきます。実りと訳すことで、日本語と同じ「成果」という意味になります。

一時的な性質を表すBe動詞の現在進行形

Be動詞を現在進行形にする言い回しが海外ドラマの中で結構出てきますので、その使われ方を見ていきます。一時的に(故意に)そう振る舞っているという意味になります。

Learn from the Best / 一流から学ぶ

Learn from the Bestは「一流から学ぶ」という何の変哲も無いフレーズ。ただし、本人を前にして使われるのが面白いところです。

「狂った」を意味する意外な英単語4つ

「狂った」を意味する4つの英単語を見ていきます。バナナ🍌、ナッツ🥜、カッコウ🐦、ロコ🌿。幾つ知ってるでしょうか? 海外ドラマでの使われ方も一緒に見てみます。

英語で悪い知らせを伝える3つのパターン

英語で悪い知らせを相手に伝えるパターン3つを出る順に紹介です。共通してるのはhateを使って、言いたくないけど・・・です。海外ドラマで実際どう使われるのかも見ていきます。

Let Me Get This Straight. / 状況を整理、確認させてください。

英会話定番のフレーズ「Let Me Get This Straight.」は、相手の言い分など曖昧なもの・状況を確認するのに使われます。 有名海外ドラマの4つのシーンを通して、このフレーズの使われ方を見ていきます。

10月にブレイキング・バッド・ムービーが来る!(El Camino: A Breaking Bad Movie)

10月にブレイキング・バッド・ムービーが来るというので、現時点での情報をサクッとまとめておきました。ピンクマンが主役で、過去の清算って感じでしょうか。

In the Middle of Something / 取り込み中で、忙しくて手が離せなくて

何かに従事してて取り込み中を意味するIn the Middle of Somethingを見ていきます。

Occupational Hazard / 職業上の危険要素

Occupational Hazard は 職業上の危険要素という意味ですが、今回は自虐的に使われるパターンをメインに見てきます。

Green / お金

Greenには「お金」の意味があります。語源は米ドル紙幣の色から。そこで、本当に緑かチェックしてみます。

Let Me Tell You Something / いいことを教えてやろう、言わせてもらうと

Let Me Tell You Somethingの使い方を海外ドラマの例を通して見ていきます。意味は「いいことを教えてやろう」ですが、先輩風吹かす時に使われることが多いです。

Thanks but No Thanks.

Thanks but no thanks.は誘いを受けた時の断り方の一つですね。最初のthanksが誘ってくれたこと自体への感謝を表し、2つ目のno thanksが誘いの内容に対して断っているわけです。単にno thanksするよりも丁寧ですよね。相手だって、単に断られるより、Thanks…

海外番組取り上げランキング

現在ブログのタグを整理しているので、どんな番組のセリフがこのブログでよく取り上げられているか調べてみました。面倒臭がらずタグを付けておいて良かった(笑) No. TV Show Point 1 The Big Bang Theory 203 2 Gilmore Girls 108 3 Friends 105 4 Breaki…

What Kind of ○○ Are You?で非難

What Kind of ○○ Are You?という言い回しで非難するニュアンスになることを、海外ドラマのシーンを通して見ていきます。「それでも○○か?」という意味になります。

ニュートラルでない意味「も」ある英単語

Situation 最初に習う基本的な英単語って、意味は大体ニュートラルじゃないですか。例えばsituationと言えば「状況」。詳しくどんな状況だか述べるためには通常形容詞が必要ですね。terrible situationだったら酷い状況、といった感じ。 だから、次のような…

as in / 〜にあるような、例の

Image by Gerd Altmann from Pixabay as inを説明するのには、誰でも経験したことのある次のシチュエーションを述べればOK。 パソコンが壊れました。サポートセンターに電話します。そこでまずシリアル番号を聞かれるんです。パソコンの背面にある番号ABCD12…

前置詞の持つニュアンスが句動詞に引き継がれている件

トランプ大統領のスピーチで出てきたgo through, go over, go aroundを肴に、この3つの前置詞のニュアンスを見ていきます。そして、動詞をgetにしても意味は同じであることを見ます。

Something Tells Me... / 〜という気がする

今までこのBlogでは、tells meシリーズ(←今命名w)を2つ紹介してきました。 A little birdie told meと言えば風のうわさではと風聞を表せますし、My gut tells meなら直感的にはという具合。 それでは、そもそも具体的に名状できないsomethingがtells me…

The Bottom Line Is, ...

Image by daninthepan1 from Pixabay The bottom line isは結論を言う時の決まり文句。本当によく使われます。たぶん皆さんが思ってる頻度の100倍使われる感じ。大げさじゃなく。ある意味、「要は、要するに」的にカジュアルに使われます。TVでコメンテー…