ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

海外番組

海外番組が言及されている記事一覧

『アンという名の少女』にとってのHome

海外ドラマ『アンという名の少女』のアンにとってのHomeとは何なのか考えてみました。やはり、そこには「愛」が必要です。

海外ドラマの中の Shrine

shrineの意味は「神社」と習ったんですけど、海外ドラマの中では、日本人からすると少しニュアンスが違う形で出てくるんですよね。それを紹介していきます。

ネトフリ・Huluから黒人差別で取り下げられた『コミ・カレ!!』エピソードを見てみた

コメディの『コミ・カレ!!』からとあるエピソードがネトフリ・Huluから取り下げられたと聞いて、実際その場面を見てみました。その感想と、黒人差別をめぐる昨今の情勢について

相手を傷つけたくない配慮の I guess

日常会話では、会話の最後にI guessを追加することが頻繁にあります。今回は、その裏に隠れた微妙なニュアンスを見ていきます

180 / 逆方向への方向転換

海外ドラマにたまに出てくる180。意味は「 逆方向への方向転換」。今までと真逆のことをするときなどに”単位なし”で使われます。

海外でのVampire(吸血鬼)が持つイメージって?

海外番組の中でvampire(吸血鬼)がどんなイメージで描かれるかを見てみました。細かい違いはあれど、日本人の持つイメージとほとんど同じかな?

海外ドラマの中のI'm boredとI'm boring

I'm boredとI'm boringを海外ドラマのセリフから拾ってみます。自分はI'm boringとは絶対言わないと思ってましたが、たまに出てくるんですよね。謙遜して言ってるんですけど。

Cut to the Chase(本題に入る)をどう勘違いしていたか

Cut to the Chase(本題に入る)を私がどう勘違いしていたかというお話。車等のチェイス(追跡)シーンをワクワクと見るか萎え萎えと見るかで、真逆の語源が出てきました。

Meanwhile / その一方、それまでの間

meanwhileの意味は「その一方、それまでの間」。それぞれの使用例を海外ドラマからピックアップして見ていきます。meanwhileは同時性を表せるのでストーリーテリングでよく出てきます。

Not One's First Rodeo / これは初めてではない、同じような修羅場はくぐった

イディオムNot One's First Rodeoの文字通りの意味は「初めてのロデオではない」ですが、ロデオ以外にも幅広く、あることに経験値があることを言うときに使えます。

Frenchが持つ意外な意味

Frenchには実は、「フランス語」以外の意味があるんです。その意外な意味を、海外番組の中で使われた実際の例を使って見てみます。

「at all」が否定文(not)以外で出てくる3つのパターン

肯定文、条件文、疑問文で「at all」が出てくるパターンの紹介です。notを使った否定の時だけでなくてもat allは使われるんです。

At Home / くつろいで、リラックスして

「At Home」が持つ「くつろいで、リラックスして」の意味を見ていきます。なお、日本化されたアットホームは記事の最後に気付きました。

海外番組のセリフに出てくる様々なEffect

海外番組のセリフに出てくるeffectを見ていきます。バタフライからプラシーボまで、様々なeffectが登場してます。

「法外な、大げさな」という意味でのTall

tellが持つ「法外な、大げさな」という意味を海外ドラマの事例を通して見ていきます。

Goody Two-Shoes(いい子ぶる子)の語源

「Goody Two-Shoes」とう表現の語源となった子供向け本『Little Goody Two-Shoes』を読んでみました。そうしたら、普通にいい子でした。なんで、「Goody Two-Shoes」にネガティブなイメージついているの?!

○○ Police / ○○警察

人々を取り締まる人のことを英語でも日本語でも○○ Police(○○警察)と言います。この記事では様々な警察を見ていきます。

日本語と同じ意味の「Oi」(おい)

英語の間投詞「Oi(おい)」が日本語でも「おい」を意味すると知って、本当なのか海外ドラマを漁ってみました。なんと本当でした。

ShameとEmbarrassmentの「恥かしさ」の違い

同じ「恥かしさ」の意味を持つShameとEmbarrassmentの違いを具体的な例を通してみていきます。

止めて、勘弁しての Please

pleaseには感嘆詞的に「止めて・勘弁して」という意味があります。この記事では、堅苦しい名前で呼ばれたパターンと、感謝されたパターンの2つで、このpleaseの使われ方を見ていきます。

Point Taken / ごもっとも、おっしゃる通り

Point taken.はこちらの主張を相手にうまく崩されたときなどに使われるフレーズです。「ごもっとも、おっしゃる通り」という訳がぴったしです

疑問文内のSomeは「Yes」を期待しているのか?

Practical English Usageに載っていた「Yesの返事を期待する時に疑問文でsomeを使う」が果たして本当か調べてみました。海外番組の様々なシーンをランダムに取り上げての調査です。結果は・・・

Good for You / やるじゃん、よくやった

Good for youは「やるじゃん、よくやった」というように、相手の行動に感心したり褒めたりする時に使われるフレーズ。この記事では、真逆に作用するGood for youも見てみます。

OG / 古き良き、昔気質の(ギャング)

ネットでもよく使われる「OG」はOriginal Gangstaの頭文字を取っています。ギャングだけでなく、昔ながらのものを指す時に使われます。

人を失望させるFail

動詞failは「人の期待を裏切る・失望させる」の意味で海外ドラマでよく出てきます。その使用例をいくつかピックアップしてみます。

驚きや嫌悪感を表す Yikes の意味

驚きや嫌悪を表すフレーズYikesについて、ビッグバン★セオリーの中に出てくるすべてのYikesを取り上げて、どんなニュアンスか見ていきます。

Full Disclosure / 全面開示

今回はFull Disclosure「全面開示」の使われ方を見ていきます。日常会話では、包み隠さず真実を話す際に使われます。

Sleep on It / 一晩よく考える、一晩寝かせて考える

Sleep on It は「一晩よく考える、一晩寝かせて考える」という意味で頻出の定番フレーズ。即断できないときにも、辞退したいときにも婉曲的に使われます。

I'm with Youが持ついろいろな意味

I'm with Youが持つ3つの意味を見ていきます。物理的に一緒にいること。味方になってあげること。意見に同意することになります

副詞でBecause文を修飾するパターン

副詞を使って理由を述べるbecause文を修飾するパターンを見てみたいと思います。これがよく出てくるんだ。