ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

海外番組

海外番組が言及されている記事一覧

イディオム「The Eagle Has Landed」をどう誤解していたか

私がイディオム「The Eagle has landed」をどう誤解していたかをまとめてみました。そして、最近感じている「完璧主義者はもうやめよう」というメッセージも。

紙面を飾るのMake

紙面を飾るときに動詞のmakeが使えるのは、意外な盲点かもしれません。表紙(cover)に載ったりするときですね。今回はそんなmakeの使われ方を、海外番組から数例取り上げてみたいと思います。

Speakを現在完了形で使うと「決定は下された」の意味

Speakを現在完了形で使うと「決定は下された」の意味になります。権威者が口を開いたって感じのようです。今回は、The Witcherでの例を見ていきます。

海外ドラマ初回エピソードタイトルが「Pilot」の理由

海外ドラマ初回エピソードタイトルが「Pilot」の理由を名作映画「パルプ・フィクション」を使って説明します。また、この慣習を逆手に取った笑いも「Futurama」から紹介します

ヒューマノイドの倉庫格納がおかしい件

ヒューマノイド達を倉庫に格納する場面を想像して下さい。普通は整列させ、スペース有効利用のため無駄に広がらないようにしますよね。でも、海外ドラマでは違うという話。

Truce? / 停戦ね?

今回は「Truce?」と停戦を申し込むフレーズを見てみます。海外ドラマでは、国家間と言うよりも、個人の間にある確執に対する停戦を意味することがほとんどです。

動詞 Know を使った分詞構文

動詞knowを使った分詞構文を見ていきます。knowingかnot knowingのいずれかなので、めちゃくちゃお手軽に分詞構文が作れるはずです。

ロックフェラー・センターでアイススケート

冬に恋人同士がNYのロックフェラー・センターでアイススケートするのは映画や海外ドラマでおなじみのシーンですね。そこで、ロックフェラー・センターでアイススケートが言及されているシーンを集めてみました。

サンタと売春婦の話

クリスマスネタ。この記事ではhoという単語に注目しています。一つは、サンタの笑い方として。もう一つは売春婦として。最後に、これらを組み合わせてジョークにします。

The+人名=あの知られた○○さん

この記事では、人名の前にtheを付けるとどんなニュアンスが追加されるかを見ていきます。結局、theが持っている「特定」なんですけどね。

In Trouble / 困って、ピンチで、ヤバくて

In Troubleは「困って」と言う意味ですが、この記事ではAm I in trouble?というパターンを見ていきます。子供がよく使う表現で、自分がヤバい状況かを尋ねるのに使われます。

Ooh La La(うーらーらー)の意味って何?

時々聞かれるOoh La Laの意味を調べてみました。「おやまあ、あらあら」と軽い驚きを表す時に使われる感嘆詞ですね。ちなみに、山本リンダの狙いうちとは全く関係ありませんでした(笑)

意外な意味を持つ宇宙関連の英語ボキャブラリ

意外な意味を持つ宇宙・天文関連の英単語を見ていきます。この記事を読んだ暁には、満月を見上げる度あるものを思い浮かべてしまうことになるかもしれません。

海外番組で「There's No Place Like Home」のセリフが出てくる場面

海外番組で「There's no Pplace like home」のセリフが出てくる場面を集めてみました。意外と、危機一髪の時に繰り返すパターンが多いようですね。ドロシーのようにhomeに戻れる気がするからでしょうか?

オズの魔法使いの名セリフ「There's No Place Like Home」でHomeとHouseの違いを見る

HomeとHouseのニュアンスの違いを、オズの魔法使いの名セリフ「There's No Place Like Home」を例にとって見ていきます。

Pet Peeve / (個人的に)イラつく事

pet peeveは(個人的に)イラつく事を意味するフレーズ。今回は、海外番組のキャラがどんなpet peeveを持っているか見ていきます。

人をUseすると「悪用する」の意味

今回は「(人を)悪用する」の意味のuseの使われ方を見ていきます。相手が知らないところで、自分の利益になるよう悪用するというニュアンスです。

You Get the Idea. / 分かるでしょ。

「You get the idea」は間接的な説明をした後に用いられるフレーズ。海外ドラマの中で使われる「You get the idea」の面白い実例を紹介します。

Like It or Not / 好むと好まざるとにかかわらず、好きでも嫌いでも

フレーズ「Like It or Not」の意味は、「好むと好まざるとにかかわらず、好きでも嫌いでも」。大人は嫌いなことでもやらないといけない生き物なのです(笑)

意外な意味を持つ英語の数学用語

数学用語の英語で面白い意味を持つものを見ていきます。数学の授業に出てくるだけじゃないんですね。

ジョークじゃないKnock Knock

Knock Knockといえばジョークが定番ですが、海外ドラマだと普通に部屋に入るときにドアを叩く代わりに使われたりします。つまり、擬音語(オノマトペ)なんです。この事実に感動して記事にしてしまいました

Figurativelyの意味で使われるLiterally?

Figuratively(比喩的に)が相応しい場面でLiterally(文字通り)が使われることがあります。結局、強調で使われるんですけど、このことはネット上のあちこちで議論になってるようです。

What's the Matter? と What's the Matter with You? の違い

What's the Matter? と What's the Matter with You? の違いを調べてみました。with you無しだと心配、with youありだと相手の行動非難なのはwhat's wrongと同じですが、matterはwith youでも心配するパターンがありました

Bite Me / くたばれ、うせろ

Bite Meというフレーズの意味を見ていきます。結局、Blow Meの婉曲表現で、「くたばれ、うせろ」を直接的に響かないBiteに変えただけでした。

If There's Time to Lean, There's Time to...

5年越しで意味が正確に分かったセリフ「If you have time to lean, you have time to clean.」について見ていきます。スーパーストアというシットコムに登場していました。

Fruit を「実り」と訳すパターン

fruitを果物のフルーツと訳さないパターンを見ていきます。実りと訳すことで、日本語と同じ「成果」という意味になります。

Silver Lining / 希望の兆し

イディオムsilver liningの意味は「希望の兆し」。「銀の裏地」と雲を生地に見立てる語源が面白いので紹介です。あと、ドローンで撮ったオリジナルsilver lining画像も(笑)

一時的な性質を表すBe動詞の現在進行形

Be動詞を現在進行形にする言い回しが海外ドラマの中で結構出てきますので、その使われ方を見ていきます。一時的に(故意に)そう振る舞っているという意味になります。

Netflixのパスワード共有ネタ

最近ニュースで、ネットフリックスが違法なアカウント共有対策に乗り出すという記事が増えてきましたね。今回は、海外ドラマ内でのネットフリックスのパスワード共有ネタを見てみたいと思います。

Learn from the Best / 一流から学ぶ

Learn from the Bestは「一流から学ぶ」という何の変哲も無いフレーズ。ただし、本人を前にして使われるのが面白いところです。