ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

海外番組

Tell Me Something I Don't Know. / 私の知らないことを話してくれ。

Tell Me Something I Don't Know.が出てくるシーンを海外ドラマで見ていきます。この記事がTell Me Something I Don't Know.にならないことを祈りつつ(笑)

Frisk / ボディーチェックをする

英語でFriskはミントのタブレットじゃないんです。ボディーチェックなんです。日本だと、ヤクザの親分と面会する前にやられますね(笑)

F-bombって何?

自分に落とされたら怖いF-bombの意味を見ていきます。

賢い人への呼びかけ Einstein

今回は海外ドラマの中で賢い人への呼びかけで使われるEinsteinを見てみます。皮肉でも使われるので、「Einsteinと呼ばれる=賢い」ではないので注意。

足元の地面を掘って行くと地球のどこに出るのか?

「足元の地面を掘って行くと地球のどこに出るか?」という疑問を調べてみました。なんと、中国に出るというお約束があるようです。

格言 Never Meet Your Heroes ってどんな意味?

Never Meet Your Heroesという格言を今回は取り上げます。ここのヒーローはスーパーヒーローというよりも、我々が尊敬する人物やファンのアイドルなんか。その人達に会ってはならないというのは一体どういうことなんでしょうか? 海外ドラマ内での使用例を見…

In the Middle of Something / 取り込み中で、忙しくて手が離せなくて

何かに従事してて取り込み中を意味するIn the Middle of Somethingを見ていきます。

You Tell Me. / 分からないよ。こっちが知りたいくらいだ。

今回見ていく英語表現You tell meは「分からない」ことを意味できます。I don't knowに飽きたら使ってみてはどうでしょう?!

Beats Me. / 分からないなあ。見当もつかないよ。

分からない時の定番表現Beats me.を見ていきます。分からない意味が出るのは動詞beatにありました。

Wingman / ナンパの際のサポート役

今回は、ナンパのサポート役を意味するwingman。更にこの語源が意外なところにあることも見てみます。

Make It / 切り抜ける、生き残る

「切り抜ける、生き残る」という意味のMake Itを見ていきます。困難なことを切り抜ける時に使われます。

Occupational Hazard / 職業上の危険要素

Occupational Hazard は 職業上の危険要素という意味ですが、今回は自虐的に使われるパターンをメインに見てきます。

Easy が持つ意外な意味3つ

Easy が持つ意外な3つの意味を海外ドラマの場面を通して見ていきます。

句動詞 Buckle Up と Buckle Down の違い

句動詞「Buckle Up」と「Buckle Down」の違いを海外ドラマの場面を通して見ていきましょう。UpとDownでどういう意味の違いが出てくるんでしょうか?

○○ will do. / 間に合う、役立つ

「○○ will do.」にはなんと「 間に合う、役立つ」の意味があるんです。しかもこれが意外と海外ドラマに出てくるのが驚きです。

海外ドラマの中に出てくる文字を読む

記事タイトルの通り、海外ドラマの中に出てくる文字を読んで行こうかなと思います。これが結構面白いんです。

What's Your Angle? / 真意は何?

angleには隠れた意図・真意と言う意味があります。だから、What's Your Angle? と言えば、真意は何か聞いているんですね。

大抜擢されたときの I Won't Let You Down

I won't let you downという定型句を見ていきます。意味は「あなたを失望させたりしない」。何かで大抜擢されたときによく聞きます。

Not on My Watch! / 俺の目が黒いうちはやらせはしない!

Not on My Watch! は「俺の目が黒いうちはやらせはしない!」という意味の決まり文句です。

悪魔バスター★スター・バタフライって結構英語の勉強になる

悪魔バスター★スター・バタフライを見てたら 意外とこの番組英語の勉強になる感じなので、そんなシーンをいくつか紹介してみます。

I Hear You. / 言いたいことは分かるよ。

相手の言いたいことが分かるという意味のI hear you.を今回は見ていきます。同意まではいかなくても理解はできる時に使われます。

On Meで見る前置詞Onの意味

「On MeでOnの意味ー」ということで、前置詞onの持つ様々な意味を、on meに限定して見てみます。これが海外ドラマでは結構出てくるんですよね。

Buck / ドル、責任

海外ドラマではおなじみのボキャブラリー「Buck」の2つの意味「ドル、責任」を見ていきます。

日本語とちょっと意味の違うJinx(ジンクス)

英語と日本語で意味が少し違うjinx(ジンクス)を海外ドラマのシーンを通して見ていきます。

Tomato, Tomahto / いずれにせよ、どちらにしても

「Tomato, Tomahto」はトマトの2通りの発音の仕方ですが、どう発音しようがトマトには変わりないので、「いずれにしても」の意味があります。

I've Been There. / 僕も同じ立場になったことあるから(気持ち分かるよ)

I've been there.は「そこに行ったことがある」という現在完了形の経験ですけど、このthereが相手の立場を意味する時に面白い意味合いが出てくるのを見てみます。

海外番組を役者で繋げていく遊び

Dead to MeのジュディがFreaks and Geeksのリンジーと同じ役者と知ったので、番組を役者で結んでいくゲームをしてみました。

Monkey Business / いんちき、不正、トリック

「いんちき、不正、トリック」を意味するMonkey Businessというイディオムを海外ドラマのシーンを通して見てみます。ほとんど、no monkey businessという使われ方です。

A,... B,... C,...で列挙

A,... B,... C,...で列挙するパターンを神アニメ「アーチャー」を通して見ていきます。

海外ドラマの中のKimono(着物)はどんなイメージ?

キム・カーダシアンの補正下着のKimonoが世間を騒がせていたので、ここはこのブログらしく、海外ドラマの中でKimonoがどんな感じで出て来るか調べてみました、