ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

フレンズ

否定と対比する時のDo

Doは一般動詞の前に付いて強調の意味で使われる場合がありますよね。 I do speak Japanese. でも、最近次のことに気がついたんです、否定と対比してよく使われるなあと。 例えば、上記例文に付け加えるとこんな感じ。 I don't speak Chinese but I do speak …

先に見つけた者勝ちの Finders Keepers

前回紹介したCarmen Sandiegoを見てたいたら使われていた英語表現が、記事タイトルにもある「Finders Keepers」。場面は、貴重な古切手が隠された招き猫の置き物をめぐって争うカルメンと敵エージェント。すると、敵の足払いに転んでしまうカルメン。敵が床…

僕やんないの Not It

Not It.は、誰もやりたがらないタスクを割り当てられそうな時に、初めに「Not It.」と言うことで、そのタスクから逃れられるゲームの一種。最後にNot It.といった人がやる羽目になります。

Christmas Miracle

海外ドラマやコメディなんかには必ずクリスマス回がありますよね。日本のアニメで言うところの温泉回や海水浴回みたいなお約束・定番回です。まあ、キリスト教が存在しないGame Of Thronesには当然ありませんけど(笑) さて、そんなクリスマス回で出てくる…

Happy Holidays!

クリスマスシーズンにCNN等のニュースを観ていたら気になったことが。それが表題のHappy Holidays! ニュースアンカーの人がMerry Christmasじゃなくこっちを頻繁に使ってたんです。メリクリはだいたい全体の3割位の頻度。メリクリをたとえ使ったとしても、…

Material / 器、資質のある人

Image by Paul Brennan from Pixabay materialは、原料・材料の意味。マテリアルともう日本語になっていますよね。それが、「あの人は○○の器だ」の器として英語では使われることがあるんですよ。リーダーの器とか、先生の資質があるとか。あとは否定形で「〜…

Jimmy Kimmel Liveにフレンズのレイチェルが!

Jimmy Kimmel Live [Credit: ABC] 往年の名作シットコムフレンズでレイチェル役を演じたJennifer Anistonが、新しい映画の宣伝でインタビュー受けているじゃないですか! 最近フレンズを見直してるのでなんと奇遇な。 それにしても彼女、老けないのは本当に…

海外ドラマの中のバンドエイド(Band-Aid)

バンドエイドって商品名だから、NHKの放送なんかでは絆創膏かなんかに置き換わる単語ですよね。でも、海外ドラマだと普通に使われる単語。そして、使われ方は千差万別。「それはバンドエイドを貼るようなもの」という「効果なし」を意味したり、「とりあえず…

○○ Aside / ○○はおいといて、○○はさておき

asideは脇にって意味の副詞ですよね。"Step aside!" と言われたら、「脇にずれろ」と言われてるわけです。そんなasideですが、会話で「○○はおいといて」の意味で使われることがあります。その話題は横に置いておき、別のことを話そうとする時。日本語でも、…

What's Your Problem? が強く響く理由

Image by Ryan McGuire from Pixabay What's your problem?は、そのまま訳せば「あなたの問題はなんですか?」ですが、時々すごく強く響くんですよね。非難というか、相手の頭の中を疑うというか。通常は、例えば、落ち込んで食欲もなく体重激減の人が職場に…

Baby Boy か Boy Baby か?

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash めっちゃどうでもいい話で恐縮ですけど、いきなり問題です。表題のBaby Boy と Boy Baby 、海外ドラマでよく聞くのはどちらでしょうか? 日本語の男の子の赤ちゃんのことです。 正解はもちろん baby boy 。母親がmy …

放送禁止用語 Cunt

Cuntは女性器の意味ですが、出てくる海外番組と全く出てこずVaginaで代用する番組とがあるようです。その差は広告の有無にありました。Cuntはネイティブにはどぎつく響くみたいです。

海外ドラマの中で Pronounce されるもの

みんな大好き(?)な発音は英単語ででpronunciationですね。これは英語を学習する上で、みんな知ってる事と思います。でも、その動詞形 pronounce の方は、少しマイナーかもしれない。意味には、もちろん「発音する」というのがあるけど、海外ドラマの中で…

"I insist." "If you insist." / 「是非とも」「どうしてもとおっしゃるのなら」

今回はinsistにまつわる2つの表現を紹介。 ところでその前に、好意の譲り合いってどのくらいラリーが続くんもんなのでしょうか? 電車の中での席の譲り合いとか。 若者: 席どうぞ 老人: ありがとう。でも、もうすぐ降りるので結構ですよ。 若者: 私は次の駅…

Thing / 特別な感情

thingは口語で色々な意味がある重要な英単語ですが、その一つに特別な感情の意味があります。最初は全くの赤の他人同士なんだからnothing。でも友達になってhang outして・・とだんだん付き合っていくうちに、nothingがa thingになるんですね。日本語で言う…

選択の○○ It Is.

今回紹介する○○ it is.は、複数の選択肢から一つ選ぶ時に使われる表現。辞書見ても文法書見ても載ってなかったので(探し方が難しいので見逃してる可能性も)、とりあえず選択の○○ it is.とでも呼んでおきます。 これがよく使われるのは、消去法等で残ったも…

Have Nothing to Do With / 〜とは関係ない

ボツネタ企画第五弾は、have nothing to do with(〜とは関係ない)。これもしょっちゅう使われる表現。5エピソードに一回くらいの高頻度。FBIが令状持って家に押しかけてきたとき、俺はその件とは関係ない、とか。しかし、何故これをボツにしたのかはよく…

After You. / お先にどうぞ。

夏休みボツネタ企画第二弾はAfter you.。そのまま訳せば「(私は)あなたの後に」。つまり、レディーファーストとかで相手に先に行ってもらう時に使う定番表現。日本語だと「あなたが先に行って」なのに対し、英語だと「私が後に行く」と視点が逆になるのが…

Into / 入れ込む、夢中になる

前置詞シリーズ(←いつの間にw)の続きで、今回はintoです。intoは何か物理的な物の中に入っていくイメージですが、別に現実世界の物体でなくてもいいのが面白いところ。ただし、その場合の意味は「入れ込む」になります。夢中になる、没頭する、惚れ込む、…

The Next Thing I Know(Knew) / 気づいた時には

Image by Gerd Altmann from Pixabay 仕事も一段落した金曜日、同僚と上司の悪口を肴に居酒屋で飲んで、気がついた時には四次会カラオケで午前様、なんてシチュエーションよく(?)ありますよね。この文章の「気づいた時には」を表せるのが「The next thing…

接尾辞 -wise / ○○の観点で、○○に関しては

Image by Andie Blevins from Pixabay 調子に乗って、接尾辞ネタ第二弾 -wise です。wiseと聞けば「賢い」系と考えがちですが、接尾辞で使われる場合は全く関係ないので忘れて下さい。この -wise も本当によく使われる。ビジネス、一般家庭から刑務所の中ま…

Someone / 誰かさん

someone(somebodyも)って誰だか分からない誰かを言うのに使いますよね。道に鍵が落ちてたら、「誰か」が落としたんでしょうし、臭い匂いが漂ってきたら、「誰か」がおなら(SBD=Silent But Deadly)したんだ、といった具合。通常、その誰かは分からないん…

A and B, Sitting In A Tree, K-I-S-S-I-N-G

仲睦まじいカップル等を冷やかす時に使われるA and B, Sitting In A Tree, K-I-S-S-I-N-Gという言い回しを海外ドラマの例を通して見ていきます。最後に現実から、プーチンとトランプの例で〆ます。

Something Like That / そんな感じ

something like thatって便利ですよね。すごく多用してしまいます。相手が言ってることが大筋で合ってて、それ以上の細かい説明は不要だし面倒な時は、something like thatで済ましちゃう感じ。特に、それ以上英語で説明するのが難しいとき(笑)←あるある …

High Road / 正道、正々堂々

high roadは幹線道路の意味があるようですが、海外ドラマでは決まって「正道」の意味で使われます。「take the high road」とすれば、卑怯なことはせず正々堂々立ち向かう、自分の名を汚すようなことはしない、ということ。騎士道とか武士道とかジェントルマ…

Get One's Hopes Up / 高い期待を持つ

get one's hopes upの表現が使われるのは、否定を伴って「あまり期待するな」と釘を刺すシチュエーション。例えば出張でアメリカに行くことになって、お土産を期待する家族に「Don't get your hopes up.」と言えば、「あまり期待しないでね」というニュアン…

Broke と Broken の違い

この記事では、Broke と Broken の違いを海外ドラマのシーンを通して見ていきます。簡単に言えば、「金が無い」と「壊れている」の違いです。

Come in Handy / (なにかの時に)重宝する、役に立つ

Come in Handyという英語表現を、海外ドラマの実際のシーンを通してみていきます。「何かの時に役に立つ」という意味で使われる役に立つ表現です。

海外ドラマの中の恐怖症(-phobia)

phobiaは恐怖症の意味で、ネットで調べると、それこそ星の数のphobiaが専門用語と共に出てきます。しかし,ドラマでは登場人物がそんな医学専門用語を知ってるわけでもないので(高所恐怖症、閉所恐怖症は普通に出てくるけど)、○○ phobiaと言う言い方が一般…

Cool / 問題ない、大丈夫だ

今回は問題ないのCoolを、海外ドラマのシーンを通して見ていきます。