ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Grammar

第一文型(SV)の持つ深み

第一文型(SV)は表現力が皆無ですが、その皆無さが逆に深みを持たせることに最近気づきました。実例を元に見ていきます。

否定と対比する時のDo

Doは一般動詞の前に付いて強調の意味で使われる場合がありますよね。 I do speak Japanese. でも、最近次のことに気がついたんです、否定と対比してよく使われるなあと。 例えば、上記例文に付け加えるとこんな感じ。 I don't speak Chinese but I do speak …

なぜ比較級でThenを使うのか?

**見にくいので、この記事ではthenは赤、thanは緑に着色してあります。 比較級って今だと何年生くらいで習うんでしょうね。bigger than、more sophisticated than、more better thanって感じで2つの対象を比較するときに使う構文。 でもさ、このthanをthen…

”試験に絶対出ない”原級で比較級の意味を表す方法

今回は一発ネタ。本当に試験には出ないので、受験生は読んじゃダメ。 一応文法のおさらいです。原級はある物差し(形容詞・副詞)でA=Bを表し、比較級はA>Bを表す構文でした。 それを踏まえ、redditにあった次のコメントを見て下さい。 Trump is as dumb as …

So She Did. vs. So Did She.

英語でつまずくポイントの一つに、「私も」と言うときの倒置「So do I」がありますよね。なんで逆になるんだ! うぜー! 面倒くさい! 自分は海外ドラマをかなりの数見たので、この言い方にはもう慣れましたが、倒置になる理由は全く分からないんですよ。So …

トランプ大統領に学ぶ比較級

トランプ大統領と言えば、様々なことを他の誰より知ってることで有名ですよね。自称ですけど(笑) そんなトランプ大統領の発言をまとめた記事がありましたので、ちょっと見てみましょう。比較級の良い勉強になりますよ。さて、どんなことを、自称ですけど(…

溜めのso that構文

表題の名称は私が今勝手に名付けた(coined)ので、ちんぷんかんぷんだと思います。これってたまに出てくる修辞法なんだけど、なにか専門的な呼び方あるのかな? 使われ方はこんな感じ。まずはじめに、普通に形容します This blog is good, 形容詞の後に溜め…

過去形と現在形の遠近感

過去形は現在形に比べ距離があるとか、よく英語の教科書に書いてありますよね。その距離感から過去形は一歩引いてる感じが生まれて、そこからwould you, could youの丁寧さに繋がるとか。たしかそんな感じで続いたと思います。 でも、そういった感覚は日常会…

It's High Time That + 過去形 / とっくに〜する時期だ

It's high timeの構文は、that節が過去形になると習った記憶があります。だから、間違わないようtoを使ったほうが良いとかなんとか。しかしここ最近、海外ドラマを視聴していたら、立て続けに現在形のパターンが出てきて、調べたら現在形のセリフが他の番組…

Me Too vs. You Too

英語を勉強し始めた時って、"me too"って表現はなんとなく知ってるわけです。そして、それしか無いと思ってます。ですから、いきなり"you too"ってのが出てくると、最初は相当混乱しますよね。自分も頭の中?マークで埋め尽くされました。実際海外ドラマを見…

More Safeに見る口語での文法のいい加減さ

海外ドラマなんかの口語では、文法なんてお構いなしなんですけど、どのくらいお構いなしかをこのmore safeを使って見てみたいと思います。はい、通常はsaferですね。でも強調してmoreになるんだよなー。では、実際使われている場面を見てみましょう。誰が喋…

to不定詞意味上の主語(of + 人、人の性格) ってどうなのよ?

海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合 - ドラマの中の英語 ちょっと前に、動名詞の意味上の主語の記事を書いたので、今回はto不定詞の意味上の主語(of + 人、人の性格のパターン)を考えていきます。多分学校では、通常はforにして、…

海外ドラマの中の残念な No Sooner Than 構文

no sooner... than... は「〜するや否や」という意味と共に、倒置が発生することで有名な構文です。しかし、ドラマの中ではあまり使われる構文ではありません。ライティングで主に使われる感じでしょうか。それでも、調べたところ10件ほどヒットしましたの…

導入の This

話者が物語を述べていて、新たに人や物をその話に導入する際に、thisを付けて導入することがしばしばあります。日本語でなんというのかわからないので、取り敢えず「導入のthis」と呼んでおきます。「昨日スタバ行ったんだけどさ、席に座ってコーヒー飲んで…

海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合

海外ドラマはコスパ最強かつの最短経路の英語勉強だと思ってますが、問題は自分の脳が会話に超最適化されてしまう点。海外ドラマ脳とでも呼べばいいのか・・・。それをつくづく感じるのが、動名詞の意味上の主語を所有格にするか目的格か。つまり、 my doing…

海外ドラマの中の死んじゃった構文

「彼は3年前に死んだ」を数通りに言い換える死んじゃった構文がありますが、海外ドラマでの使われ方を見てみました。実際使われているのかどうか。使われる頻度を5段階に分類してみました。5が「超使われる」で、1が「ほぼ0」です。動詞は任意の動詞で…

海外ドラマの中の"A is to B what C is to D."構文

受験シーズン、受験英語ということで、何故か昔習った記憶が全く無いA is to B what C is to Dの構文が海外ドラマの中で使われているか調べてみました。この構文の意味は「AとBの関係はCとDの関係と同じ」。数学のA : B = C : Dです。この長ったらしい言い方…

Try vs. Try to

受験シーズン真っ盛りというわけで、本屋で参考書を眺めてみたんですが、すっかり忘れていることがたくさんありました。以前クジラ構文を調べたことがあったので、 その延長でなにか面白いネタは無いかな?と探したらありました。不定詞と動名詞で意味の変わ…

海外ドラマの中のクジラ構文

受験英語で有名ないわゆる「クジラ構文」を海外ドラマの実例を通して見てみます。結局、否定したい文に突飛な例をthanで付けているだけのようです。