ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

HOMELAND

海外ドラマ「HOMELAND」が言及されている記事一覧

On Meで見る前置詞Onの意味

「On MeでOnの意味ー」ということで、前置詞onの持つ様々な意味を、on meに限定して見てみます。これが海外ドラマでは結構出てくるんですよね。

as in / 〜にあるような、例の

as inを説明するのには、誰でも経験したことのある次のシチュエーションを述べればOK。 パソコンが壊れました。サポートセンターに電話します。そこでまずシリアル番号を聞かれるんです。パソコンの背面にある番号ABCD1234...を電話越しに述べます。すると、…

Old School

old schoolって海外ドラマに頻繁に出てくる表現ですけど、どんな意味なんでしょう? イラストに挙げたように、古い学校=寺子屋?(笑) 実は、このschoolは学派とか流派の意味なんですね。学校の倫理なんかの授業でピタゴラス学派とかやったと思いますけど…

Fantasy

Fantasyは日本語で言えばファンタジーです。ヤング・アダルト向け小説や、Finalと言いつつなかなかFinalにならないRPGなんかでもお馴染みの単語ですね。でも驚くことに、英語のFantasyは日本語のものより意味合いがかなり広いんです。 例えば、ドラゴンや魔…

Long Story

イラストから記事を書く企画第二弾は上記イラスト。長々と話してるイラストですね。 Long Story Short そんな長話を短縮する英語表現long story shortは知ってる人も多いんじゃないかな。日本語訳だと「手短に話せば」って感じ。これはTo make a long story …

Zeroを使った英語表現

Zeroを使った英語表現を、海外ドラマのシーンを通して見ていきます。句動詞Zero in On、Zero Tolerance、Ground Zeroの3つになります。

Good Cop, Bad Cop / 良い警官・悪い警官

good cop, bad cop(良い警官・悪い警官)は、刑事ドラマなんかで容疑者を落とすときのテクニックの一つ。典型的な例を述べると、容疑者がいる取調室に強面の捜査官が入ってくる。この人は体育会系出身の脳筋タイプのbad cop。この役はとにかく容疑者を脅す…

海外ドラマの中で Pronounce されるもの

みんな大好き(?)な発音は英単語ででpronunciationですね。これは英語を学習する上で、みんな知ってる事と思います。でも、その動詞形 pronounce の方は、少しマイナーかもしれない。意味には、もちろん「発音する」というのがあるけど、海外ドラマの中で…

On That Note / そんなわけで、それを踏まえて、それでは

On That Noteという英語表現を海外ドラマのシーンを通して見ていきます。次のフェーズに移る時に使われますが、日本語訳は「そんなわけで」あたりでしょうか。

Fxxxing を英単語の間に入れる=強調

先日IMDbをチェックしたら、今までに見た海外番組数(最低1シーズン)が200をとっくに超えてました。いやー長かったというか、IMDbにアカウント作って、見た番組こまめにチェックしていて良かったかな。そんな自分なので、番組で使われるスラングなんかもと…

Cold な英語イディオム3つ

夏真っ盛りということで、道を歩くのも大変な時期になりました。日射病にならないよう、コンビニがある度入って涼むことすらあります。そこで今回は、英語勉強でも涼もうというわけではありませんが、海外ドラマの中でよく使われるcoldを使ったイディオムを…

Something Like That / そんな感じ

something like thatって便利ですよね。すごく多用してしまいます。相手が言ってることが大筋で合ってて、それ以上の細かい説明は不要だし面倒な時は、something like thatで済ましちゃう感じ。特に、それ以上英語で説明するのが難しいとき(笑)←あるある …

Middle of Nowhere / 荒野のど真ん中、辺鄙なところ

middle of nowhereは周りに何もない状況を表すのによく使われます。nowhere はどこともしれない場所の意味。つまり、人っ子一人居ない、住所も付けられてないような場所。そんな所のmiddleに居るんですから、砂漠のど真ん中だったり、太平洋のど真ん中だった…

Swear To / 〜に誓う

「○○に誓って、俺は無実だ」なんて海外ドラマでは見慣れたシチュエーションですが、その際用いられる動詞がこのswearです。swear toで〜に誓う。ちなみに、swearには「悪態をつく」というかなり対極の意味もあるのが興味深いところ。だから、swear wordと言…

Ballpark / ざっくりの数字、概算

ballparkの文字通りの意味は野球場ですが、野球の文脈以外だと、この概算の意味で使われることが圧倒的に多い英単語です。ビジネスシーンなんかで頻繁に出てくる印象。例えば、1トンの原料を買うのにballparkでいくらになるか?なんてのが典型例ですね。3…

海外ドラマの中の Abbreviation

abbreviationは省略形の意味。手紙の最後に P.S. と書いたことある人も多いと思いますが、実はこれがabbreviationの一例です。ちなみに、P.S.はpost scriptの略だそうです。へーへーへー。でも、これってライティング特有じゃないの?と思っていたのですが、…

Fall into the Wrong Hands / 悪者の手に渡る

fall into the wrong handsは、機密情報から核弾頭ミサイル、軍事衛星のコントロール権限までなんであれ、本来の担当者の手ではなく、違う人(通常悪の組織)の手に渡ってしまうこと。こうならないように、映画やドラマの中では正義の味方が頑張ってますし、…

Now That... / 今や〜だから

now thatは会話で本当によく使われる表現。今手元の字幕DBで検索したところ1,000件以上ヒットしたので、小難しい英単語覚えるくらいなら、こういう表現を使えるようにしていきたいですね。それでは、海外番組でのこのnow thatの使われ方を見ていきます。今や…

Ago / 前に

中学生なら知ってる変哲もないagoですが、色々な時を表す表現とくっつくことが出来る便利な副詞なのは案外見逃されがち。ここでは、三日前や二週間前だけではないことを、海外ドラマの実例を見て確認したいと思います。 night ○夜前はよく出てきます。 Two n…

海外ドラマ内の”動名詞の意味上の主語”の所有格目的格の割合

海外ドラマはコスパ最強かつの最短経路の英語勉強だと思ってますが、問題は自分の脳が会話に超最適化されてしまう点。海外ドラマ脳とでも呼べばいいのか・・・。それをつくづく感じるのが、動名詞の意味上の主語を所有格にするか目的格か。つまり、 my doing…

Worst Case vs. Worst-case Scenario

以前から気になっていたのが、このworst-case scenario。最悪の事態を表すだけならワーストケースだけで良さそうなのに、シナリオまで付くので結構耳につくんですよね。しかも色々なドラマでよく使われる表現です。違いがいまいちよく分からない。出てくる度…

Try vs. Try to

受験シーズン真っ盛りというわけで、本屋で参考書を眺めてみたんですが、すっかり忘れていることがたくさんありました。以前クジラ構文を調べたことがあったので、 その延長でなにか面白いネタは無いかな?と探したらありました。不定詞と動名詞で意味の変わ…

Throw Someone Under the Bus / (自分の利益のため)仲間を犠牲にする

throw someone under the busは最初聞いた時は辞書もひかずに、誰かをバスの下に投げ込む→危険に曝す、という意味で取ってたんですけど、辞書をひいてビックリ。「仲間を犠牲にする」でした。どこからそんな意味が出てきたのでしょうかね。スケープゴートが…

Leave No Stone Unturned / あらゆる手を尽くす、隅々まで調査する

Leave No Stone Unturnedという英語表現を、海外ドラマのシーンを通して見ていきます。意味は、あらゆる手を尽くす、ひっくり返されていない石は無いってこと

My Bad. / ミスった、私のせいです

My bad.は謝罪までは行かないまでも、自分の過ちを認める表現。見た感じだと、深刻でない場合に使われるパターンが多い感じです。たしかに、軽い響きです。 それでは、ドラマでの使用例を見てみます。 ビッグバン★セオリー 運転免許を取るべく運転シミュレー…

(Right) Off the Bat / すぐ

off the batは口語でよく使われて”すぐ”の意。通常はrightを付けて、right off the batで”今すぐ”として使うことが多いみたいです。手元のDBだと、in no timeとほぼ同じ出現頻度。早速ドラマでの使われ方を見てみます。 HOMELANDのキャリー ブロディはテロリ…

Not Give a Shit / 知ったこっちゃない、意に介さない、関係ない

not give a shitも耳にタコができるくらい使われる表現で、全く興味がないとき使われる感じ。shitはクソなので下品な表現ですね。日本語だと意に介さない、よりくだけた言い方にすると、どうなろうと知ったこっちゃない、とか、関係ないでしょうか。前回英検…

Up to Speed / 最新状況を把握して

up to speedが使われる典型的場面は、状況を知らない新米やら新任署長に一通りの状況を説明して現況を把握してもらう時。OJTとはちょっと違う感じで、あくまで仕事にとっかかれる必要最低限の情報を短時間で共有する感じ。この表現up to speedはドラマで本当…

My Door Is Always Open. / いつでも相談に乗るよ。

My door's always open.は日本語にぴったしの表現が無いのでもやもやするけど、「私のドアはいつでも開いている→いつでも訪ねてきてね→いつでも相談に乗るよ」ということ。この表現もよく使われますが、本心で言ってるのか社交辞令で言ってるのかは文脈その…

Cut Someone Some Slack / 大目に見る、勘弁する

このイディオムはテストなんかには出ないと思うけど、海外ドラマでは、つまり日常会話では非常に使われる表現。体感だと10エピソードに1回くらいの割合で出て来る気がするほど。なんでこんなに使われるのかわからないけれど、海外ドラマを見るのに最初の…