ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

House of Cards

Buck / ドル、責任

海外ドラマではおなじみのボキャブラリー「Buck」の2つの意味「ドル、責任」を見ていきます。

Armchair / 机上の、実経験を伴わない

Armchairの使われ方を海外ドラマのシーンを通してみていきます。「机上の、実経験を伴わない」という意味で、他人へは批判的に、自分に対して使えば謙遜にも響きます。

席を外すときの英語表現

海外ドラマで見かける「席を外す時に使われる」表現を見ていきます。動詞Excuseには「席を外す」の意があり、Fresh Airは気分転換、最後のCan I borrow(steal) you?は歓談中の客を中座させるのに、といった具合。

Phoenix / 不死鳥

引き続き、イラストを元にコラムもどきを書いていきたいと思います。今回はフェニックス、不死鳥。蘇ることで有名な空想上の生き物ですね。「不死鳥のように蘇る」なんて、日本語では既に定型句にすらなっています。 このPhoenix、海外ドラマの中でも、もち…

Zeroを使った英語表現

Zeroを使った英語表現を、海外ドラマのシーンを通して見ていきます。句動詞Zero in On、Zero Tolerance、Ground Zeroの3つになります。

犬にまつわるボキャブラリー

ちょうどdog days of summer(盛夏)も終わったということで、今回は最近見かけた犬関連のボキャブラリーをまとめてみます。 doggy / 犬 犬の幼児語。ドギー。子供がたどたどしく犬をこう呼ぶのって可愛いですよね。 canine / 犬(科の動物) こちらも犬。発…

接尾辞 -ish / ○○っぽい、○○のような、およそ○○

接尾辞 -ishに表題の意味があるのは、実際の英単語を見れば一目瞭然。boyish / 男の子らしい、これなんかまさにそうですね。本当の男の子じゃないけど男の子っぽい、と言う感じ。しかし、これだけに留まらないのが英語の魅力でもあり、面倒臭いところでもあ…

Behind the Wheel / 車の運転して、支配権を握って

behind the wheelという表現は3つの点で面白いです。まず、wheelが車のハンドルを表すこと。これは知らないと分からないな、と少し調べてみたら、どうもハンドルという言い方は和製英語のようですね。次に、behind。ちょっと目をつぶって想像してみて下さい…

Take the Fifth / 黙秘権を行使する

自分が尋問された時是非とも言ってみたいセリフがこれ、「黙秘権を行使します」。 でも日本ならいざしらず、アメリカで捕まったら何と言えばいいのでしょうか? そもそも「黙秘権」という英単語がでてこないですよね? 黙るだから・・・何だろう? でも実は…