ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Shakespeare

シェイクスピアの英語4:a piece of work / 扱いにくい奴、変わり者

前にシェイクスピアの英語を紹介していましたが、すっかりサボっていた(忘れていた)ので再開します。今回は、 a piece of work このworkは作品の意味。芸術作品とかの。そして、a piece ofで一つの意味(workが不可算なので)。つまり、a piece of workは…

シェイクスピアの英語3:The World Is One's Oyster. / 世界は〜の思うがまま

シェイクスピアが創作・普及させた「The World Is One's Oyster.」という英語表現を、海外ドラマのシーンを通し見ていきます。「この世は○○の思うがまま」の意味

シェイクスピアの英語2:What's Done Is Done. / もう終わってしまったことだ。

Words and Phrases Coined by Shakespeare シェイクスピアの続き。今回は、What's done is done. (もう終わってしまったことだ)。へえ、こんな定番表現もシェイクスピアですか。かなり意外。太古の昔とまでは言わないでも、聖書なんかにはありそうな教訓っ…

シェイクスピアの英語1:Into Thin Air / 跡形もなく

シェイクスピアが作ったり有名にした英語表現はたくさんありますが、海外ドラマで比較的使われるものを、これから数回に分けて紹介していきたいと思います。 ネタ元は以下のサイトです(coinは新語を作るという動詞)。 Words and Phrases Coined by Shakesp…