ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

ビッグバン★セオリー

海外シットコム「ビッグバン★セオリー」が言及されている記事一覧

ビッグバン★セオリーのPlot Holes(2)

ビッグバン★セオリーのストーリー上の穴(plot hole)で、個人的に面白いのがあったので紹介します。ずばり、シェルドンとバーナデットがいつ会ったのかです

Like It or Not / 好むと好まざるとにかかわらず、好きでも嫌いでも

フレーズ「Like It or Not」の意味は、「好むと好まざるとにかかわらず、好きでも嫌いでも」。大人は嫌いなことでもやらないといけない生き物なのです(笑)

Figurativelyの意味で使われるLiterally?

Figuratively(比喩的に)が相応しい場面でLiterally(文字通り)が使われることがあります。結局、強調で使われるんですけど、このことはネット上のあちこちで議論になってるようです。

バナナの皮🍌で滑るお約束

「バナナの皮🍌で滑る」お約束はいろいろな所で言及されています。数年前にはイグノーベル賞がこのテーマの研究に授与されました。今回は、このお約束の原点を探ってみます

What's the Matter? と What's the Matter with You? の違い

What's the Matter? と What's the Matter with You? の違いを調べてみました。with you無しだと心配、with youありだと相手の行動非難なのはwhat's wrongと同じですが、matterはwith youでも心配するパターンがありました

Bite Me / くたばれ、うせろ

Bite Meというフレーズの意味を見ていきます。結局、Blow Meの婉曲表現で、「くたばれ、うせろ」を直接的に響かないBiteに変えただけでした。

If There's Time to Lean, There's Time to...

5年越しで意味が正確に分かったセリフ「If you have time to lean, you have time to clean.」について見ていきます。スーパーストアというシットコムに登場していました。

Fruit を「実り」と訳すパターン

fruitを果物のフルーツと訳さないパターンを見ていきます。実りと訳すことで、日本語と同じ「成果」という意味になります。

一時的な性質を表すBe動詞の現在進行形

Be動詞を現在進行形にする言い回しが海外ドラマの中で結構出てきますので、その使われ方を見ていきます。一時的に(故意に)そう振る舞っているという意味になります。

Spoiler Alert: これはSpoiler Alertに関する記事です

ネット上でよく見かける「Spoiler Alert」の意味と使い方を見ていきます。単なる筋書きのネタバレだけでなく、より広い範囲で使われているのが分かります。

ビッグバン★セオリーのオープニング徹底解説(4)

ビッグバン★セオリーのオープニングで、高速に流れるイメージの一枚一枚が何なのかを明らかにするシリーズ第4弾。最終章。今回は、第二次世界大戦以降から現在まで。

現実的ではない筋書き Rainbows and Unicorns(🌈🦄)

よく出てくる虹(レインボー)と一角獣(ユニコーン)の組み合わせを見ていきます。そして、イディオムRainbows and Unicornsに非現実的な筋書きと言う意味がある事を学びます。

ビッグバン★セオリーのオープニング徹底解説(3)

ビッグバン★セオリーのオープニングで、高速に流れるイメージの何なのかを明らかにするシリーズ第三段。今回は、アメリカ憲法制定の続きで、第二次世界大戦まで。

ビッグバン★セオリーのオープニング徹底解説(2)

ビッグバン★セオリーのオープニングで、高速に流れるイメージをコマ送りにして、どんな画像が現れているのか、その画像の内容を調べてみました。今回はその二回目です。

「また始まった」とうんざりする Here We Go (Again)

「Here We Go」は何かを開始する際の掛け声として使われますが、過去何回も起きたことが再び起きる際にも使われます。その時は、うんざり・飽き飽きしてるニュアンスが出ます。

ビッグバン★セオリーのオープニング徹底解説(1)

ビッグバン★セオリーのオープニングで、高速に流れるイメージをコマ送りにして、どんな画像が現れているのか、その画像の内容を調べてみました。長いので、今回は第一回です。

カミングアウト(Coming Out)続編

英語のカミングアウト(coming out)の語源を調べてみました。元々同性愛者感で使われていたスラング「クローゼットから出る」のクローゼットが省略されたものでした。海外番組から実際の使用例を見てみます。

海外番組での無神論者の神頼みネタ

海外番組では、無神論者が危機一髪の際に神頼みをするネタがあります。今回はシェルドンとリックの神頼みシーンを見てみます。危機を脱した後に手のひら返しするところで笑いに繋がります。

Do Something! / 何かしろ!

Do Something!は「何かしろ!」という意味の変哲もないフレーズ。しかし、Urban Dictionaryによると、必ずしもニュートラルでも無いようです。実際の海外ドラマの中での使われ方を見てみます。

マジック8ボールの中身

海外ドラマ・映画でおなじみの小道具「マジック8ボール」について見ていきます。海外ドラマの中での使われ方、何故”8”ボールなのか、そして最大の疑問、何故回答数が”20”なのかが明かされます。

英語で悪い知らせを伝える3つのパターン

英語で悪い知らせを相手に伝えるパターン3つを出る順に紹介です。共通してるのはhateを使って、言いたくないけど・・・です。海外ドラマで実際どう使われるのかも見ていきます。

La-di-da! / 気取りやがって!

独特の音で耳に残るla-di-da(ラ・ディ・ダ)の語源を調べてみました。ポマードから由来して、「気取って・キザな」の意味になったようです。海外ドラマからla-di-daの使われる場面をピックアップして見ます。

人が Impossible / ありえない、我慢できない

人のことをimpossibleというと、あり得ない・我慢できないの意味が出てきます。自分の我慢の許容値を超えていて、存在自体信じたくないイメージ。海外番組の中では、ビッグバン★セオリーのシェルドンと名探偵モンクの二人がスーパーインポッシブルでした。

Bromance / ブロマンス、男同士の親密な関係

男性同士の親密な関係を表すブロマンス(bromance)。ブロ+ロマンスからの造語ですが、同性愛的な意味合いは全くありません。単にいつもツルンでいて仲がいいって感じ。ブロマンスの終焉は、片一方に彼女が出来るところから始まります。

ポンコツを意味するLemonの語源

車や機械などがポンコツ・役立たずなのを意味する果物のlemon🍋。その語源が非常に面白かったので紹介します。なんと、フルーツの柄を揃えるスロットマシーンから来ていたのです!

レストラン帰りにおなじみ「Doggy Bag」の意味って?

Doggy Bagの意味を海外ドラマの実際のシーンを参考に見ていきたいと思います。結局、食べ残し持ち帰り用の袋のことなんですが、語源は愛犬用のフリをして持ち帰っていたところから。昔はみんなちょっと恥ずかしかったんですね。

ネイティブも混乱 Biweekly と Bimonthly

BiweeklyとBimonthl の意味が曖昧なのだそうです。確かに、一週間に2回と、二週間に1回の意味がありますね。言語学者はこの語彙を使わないように勧めているようです。最後に、同じ意味で別の言い方をビッグバン★セオリーのシェルドンに学びます。

Wrong Place, Wrong Time / 時と場所が悪かった

「Wrong Place, Wrong Time」というフレーズは、運悪くタイミング悪くというニュアンス。時と場所が悪い時に使われます。逆に、「Right Place, Right Time」とすれば、運が良い、ラッキーを表せます。これらの使われ方を、海外ドラマの実例を通して見てみま…

Let Me Get This Straight. / 状況を整理、確認させてください。

英会話定番のフレーズ「Let Me Get This Straight.」は、相手の言い分など曖昧なもの・状況を確認するのに使われます。 有名海外ドラマの4つのシーンを通して、このフレーズの使われ方を見ていきます。

I've Had It. / もうたくさん、十分、お腹いっぱい

現在完了形の「I've had it.」で、「もうたくさん、十分、お腹いっぱい」という意味になることを見ていきます。もう飽き飽きしてる、嫌気が差してるニュアンスを出すことができます。以前紹介した「that's it」と同じ意味ですね。これ以上は無理なのです。