ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

アーバン・ディクショナリ

アーバン・ディクショナリから語彙を引用している記事一覧

なんでネットでアメリカが「murica」と言われてるの?

ネットスラングの「murica」の語源を調べてみました。南部の州の愛国心旺盛なアメリカ人がアメリカを発音する時の音から来ています。

相手を傷つけたくない配慮の I guess

日常会話では、会話の最後にI guessを追加することが頻繁にあります。今回は、その裏に隠れた微妙なニュアンスを見ていきます

Banana Republic(バナナ共和国)の意味とは

気になって調べたBanana Republic(バナナ共和国)の意味を共有します。オー・ヘンリーの小説が語源で、現在は独裁国家を指す用語として定着してるみたいですね。

Goody Two-Shoes(いい子ぶる子)の語源

「Goody Two-Shoes」とう表現の語源となった子供向け本『Little Goody Two-Shoes』を読んでみました。そうしたら、普通にいい子でした。なんで、「Goody Two-Shoes」にネガティブなイメージついているの?!

Karen / カレン(ネットスラング)

世界中で嫌われているKarenさん。既にネットスラングになってました。この記事では、その彼女の不思議な生態にメスを入れます。

Good for You / やるじゃん、よくやった

Good for youは「やるじゃん、よくやった」というように、相手の行動に感心したり褒めたりする時に使われるフレーズ。この記事では、真逆に作用するGood for youも見てみます。

驚きや嫌悪感を表す Yikes の意味

驚きや嫌悪を表すフレーズYikesについて、ビッグバン★セオリーの中に出てくるすべてのYikesを取り上げて、どんなニュアンスか見ていきます。

相手の鼻の頭を突っつくBoop!

海外ドラマで見かける相手の鼻の頭を突っつくBoopの意味を調べてみました。

Get One's Shit Together の意味

最近ネットでよく見かけるイディオムGet One's Shit Togetherの意味を調べてみました。大人になるということみたいですけど、粗野な響きの割に海外ドラマでも使われていました

この記事を読めば誰でもTOEIC990点に!![Clickbait]

clickbait、それはネットで最も嫌われるリンク。「プレスリー生きていた?」「カッパ発見!」「ネッシー生け捕り」なんてあったら思わずクリックしちゃいますからね。あれ?なんか既視感・・・

全く驚いていないSurprise, Surprise

Surpriseを2回繰り返すと驚いてない意味になることを見てみます。これは日本語で「はいはい、驚いた驚いた」が驚いてないことを表すのと同じですね

ネットスラング Echo Chamber の意味

ネットスラング「Echo Chamber」の意味を見てみたいと思います。自分が賛同する意見しか流れてこない場所のことですが、そんな場所ネット上にあるっけ?

Dox(ネットスラング) / 個人情報を流出させる

ネットスラングdoxの意味調べてみました。すると、最近ニュースで非常によく聞くようになった「個人情報流出」の意味がありました。

Bite Me / くたばれ、うせろ

Bite Meというフレーズの意味を見ていきます。結局、Blow Meの婉曲表現で、「くたばれ、うせろ」を直接的に響かないBiteに変えただけでした。

Talking Point / (プッシュしたい)アジェンダ

政治系掲示板などで見かける「Talking Point」の意味を見ていきます。愚民を洗脳するためのフレーズってニュアンスです。

英語のZen(禅)ってどういう意味なの?

「zen」の意味が分からなかったので調べてみたら、日本語の「禅」からは少し離れた使われ方をしてるみたいで興味深かったので紹介です。

100%同意のThis(ネットスラング)

海外のネット掲示板等でよく見かける同意を表すthisについて今回は見ていきます。実はすでに日本語に同様のネットスラングがあるんですよね。それは一体何でしょう??

日本人はなんで「Sorry For My (Bad) English」と謝るのか?

ネットのコメントでよく見かける「Sorry For My (Bad) English」と第一声謝る現象を調べてみました。日本だけでなく、世界中で行われているみたい。Urban DictionaryのSorry For My Bad Englishの項を読んでネイティブ側の意見も見てみます。

Do Something! / 何かしろ!

Do Something!は「何かしろ!」という意味の変哲もないフレーズ。しかし、Urban Dictionaryによると、必ずしもニュートラルでも無いようです。実際の海外ドラマの中での使われ方を見てみます。

In Your Face! / どうだ!、思い知ったか!、ざまあみろ!

In Your Face!は相手に対し勝ち誇る時に使われるフレーズ。ざまあみろ、思い知ったか、どうだ!と言ったニュアンスです。語源はバスケットから来ているようです。

I'm Good. / (厚意を断って)結構です。

I'm goodというフレーズは、相手からの厚意やサービスを「結構です」と断る際に使われます。現状で間に合っている、十分といった感じ。No thank youと同じですね。なお、私は善人と言ってるわけではありません。

Wingman / ナンパの際のサポート役

今回は、ナンパのサポート役を意味するwingman。更にこの語源が意外なところにあることも見てみます。

Urban DIctionaryで"Urban Dictionary"を調べてみると・・・

くだらないネタ。Urban DIctionaryで単語"Urban Dictionary"を調べてみたところ・・・

I Hear You. / 言いたいことは分かるよ。

相手の言いたいことが分かるという意味のI hear you.を今回は見ていきます。同意まではいかなくても理解はできる時に使われます。

Thingy / アレ、例のやつ

今回は名前が分からないものを指す「thingy」を海外ドラマの場面を通して見ていきます。

故意にヘマした時のOops

しくじった時のOops(おっとoops)の中でも、今回は意図的なOopsを見ていきます。

先頭の文字を「schm」で置き換えて重要でないことを表す

「TOEIC, SCHMOEIC」のように、先頭の文字を「schm」で置き換えると「自分にとってどうでもいい」というニュアンスになります。whatev

¯\_(ツ)_/¯がようやく顔に見えました・・・

¯\_(ツ)_/¯がようやく顔に見えて、make my dayとなりました。それだけです。

とりあえずの Cool

今回は”とりあえずのCool”を見ていきます。感想も何も思い浮かばないときに、とりあえずcool。海外ドラマでよく登場します。

「I do.」から何を連想するか?

「I do.」が持つとあるイメージを海外ドラマのシーンを通して明らかにします。そして最後に、応用問題を考えます。