ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

ボキャブラリー

ボキャブラリーを高める効果がある記事一覧

Go Ahead と Go Away の違い

Go Ahead と Go Away の違いを「Do you mind if I sit down here?」 への回答として見ていきます。

Thingy / アレ、例のやつ

今回は名前が分からないものを指す「thingy」を海外ドラマの場面を通して見ていきます。

You Know What I Mean?

通ぶる時に使われる「You Know What I Mean?」を見てみます。また、通じゃないのに背伸びして通ぶるパターンの笑いも。

故意にヘマした時のOops

しくじった時のOops(おっとoops)の中でも、今回は意図的なOopsを見ていきます。

Is That a Word?

直前に使われた単語が正当なものなのか確認する「Is that a word?」という言い回しを、海外ドラマの例を通して見てみます。

陳腐な表現の王様「Make the World a Better Place」

「ハタコトレイン」炎上を追っていたら、「Make the World a Better Place」ネタにたどり着き、そして海外ドラマのシリコンバレーを見ていました。

海での呼びかけAhoy / おーい

海での呼びかけAhoyについて見ていきます。ビッグバン★セオリーのシェルドンによると、電話をかけるときにahoyを使おうと提案されたとか。

○○ don't do themselves / ○○はひとりでに○○しない

○○ don't do themselvesは「○○はひとりでに○○しない」と直訳そのままの意味合いです。でも、海外ドラマでたまに出てくるので紹介します。

先頭の文字を「schm」で置き換えて重要でないことを表す

「TOEIC, SCHMOEIC」のように、先頭の文字を「schm」で置き換えると「自分にとってどうでもいい」というニュアンスになります。whatev

Triggered(ネットスラング)

ネットスラングの「Triggered」を見ていきます。ネット上ではtriggerされるのは避けたいものです。

とりあえずの Cool

今回は”とりあえずのCool”を見ていきます。感想も何も思い浮かばないときに、とりあえずcool。海外ドラマでよく登場します。

Green / お金

Greenには「お金」の意味があります。語源は米ドル紙幣の色から。そこで、本当に緑かチェックしてみます。

Be In For / (嫌なことが)予期される、待っている

「be in for」という表現を今回は取り上げます。意味は「予期される」。調べたら、そこそっこ使われていました。

世にも不幸なできごと(A Series of Unfortunate Events)の中の単語説明

海外ドラマ「世にも不幸なできごと(A Series of Unfortunate Events)」では、単語説明がされる場面が度々出てきますので、初期エピソードの中でその場面を拾ってみました。英検準1級以上な感じ?

Steal Someone's Thunder / 人を出し抜く

イディオム「steal someone's thunder」の意味と語源を紹介します。それに関連して、weblioのミスも発見しちゃいました。

「ヴェルサーチ暗殺」から拾った同性愛者を意味する英単語

「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」を見ていたら出てきた同性愛者を意味する英単語をピックアップしてみます。

「I do.」から何を連想するか?

「I do.」が持つとあるイメージを海外ドラマのシーンを通して明らかにします。そして最後に、応用問題を考えます。

後続を否定するNot

後ろに置いた語句を否定するnotの使い方を海外ドラマの例を通して見ていきます。典型的なのは、時を表す表現の否定。Not Now!

You Got to Be Kidding Me! / 冗談だろ? 冗談は止めてくれ。

今回は「You (have) got to be kidding me」という英語表現をコブラ会のジョニーに学びます。

Pass / パスする、やめておく、遠慮する

動詞のpassが持つ「パスする、やめておく、遠慮する」の意味と、その強調系hard passを海外番組を通して見てみます。

Never Ever / 絶対に〜しない

neverの強調表現never everを海外ドラマのシーンを通して見てみます。

ビジネスシーンでの日本語の「宿題」と英語の「Homework」のニュアンスの違い

ビジネスシーンで使われる日本語の「宿題」と英語の「Homework」のニュアンスの違いを、海外ドラマのシーンを通して見てきます。

Dick Moveに見る「どんなことをするとDickと看做されるのか?」

「Dick Move」という英語表現をもとに、どんな行動がdickと看做されるのかを課外番組のシーンを通して見てみます。そして、最後に応用問題を解きます。

子供の喧嘩から英語を学ぶ

今視聴している「WEEDS〜ママの秘密」に子供同士の喧嘩のシーンがありました。面白かったので、少し詳しく見ていきます。

黒人スラング feel / 分かる

黒人スラングの「feel / 分かる」を海外番組での使われ方を通して見ていきます。

相手に話を促す「I'm Listening.」

今回は相手に話を促す「I'm Listening.」について。興味津々で聞きたいパターンと、海外ドラマでよく出てくる「聞くだけ聞いてやる」のI'm Listeningを見ていきます。

クィア・アイで場面転換時に使われるキャッチコピー鑑賞

ネトフリの「クィア・アイ」の中の、場面転換時に使われるキャッチコピーを今回は鑑賞していきます。いくつ元ネタを気付けるでしょう?

仕事中にトランプゲーム(ソリティア・フリーセル)でサボるシーン

今回の記事は、仕事中にトランプゲーム(ソリティア・フリーセル)でサボるシーンです。2つばかり海外番組からそんなシーンを紹介します。

熊より速く走る必要はない、ただ友達より速けりゃいいのさ

「熊より速く走る必要はない、ただ友達よりちょっと速けりゃいいのさ」の意味を考えてみると共に、海外番組内での似たような表現も見てみます。

AF(ネットスラング)

ネットスラング「AF」の意味を見ていきます。そして、番組内でよく使うファヴ5のジョナサンの実際のセリフも見てみます。