じゃがいも(ポテト)が殺人
Image by Alexas_Fotos from Pixabay

「Would Kill To」の意味

would kill to」は初見だとkillがあるのでゾッとしますが、ネタバレしてしまえば簡単。「would like to」や「would love to」と同じ系統の「〜したい」の意味。

でも面白いのは、likeやloveとは真逆のイメージのkillであること。辞書によれば、「〜するためには人を殺すかもしれない」というニュアンスだそうです。ドラッグとかタバコなどの禁断症状っぽい気が・・・(笑) でも初見だと「殺したい」と意味を取ってしまいそう・・・。

海外ドラマでの「Would Kill To」の例

そこで、海外番組内での使われ方を実際見て、この「would kill to」のニュアンスを掴みましょう。何を欲しているのかも注目です。

『ブレイキング・バッド』から

ジェシーの両親は家を売却したため、家の中のものを片付けています。その際の会話から。「break even」はビジネス用語で損得がない状況。この経済状況下では、人々は収支トントンなら殺すこともする=それほどブレークイーブンを欲するとします。不況下では、赤字は本当に殺人に発展するので「would kill to」と切実です。

ジェシー父: Breaking even is not so bad. In this economy, a lot of people would kill to break even.
『ブレイキング・バッド』で、ジェシーの父親は家売却のため片付ける
Breaking Bad [Credit: AMC]

『glee/グリー』から

サンタナとメルセデスの会話から。メルセデスの善良さに感動するサンタナは、「I would kill to be you right now」と、今すぐ汚れてないメルセデスになりたいと言います。メルセデスになれるなら殺しも厭わないといったニュアンスですね。裏を返せば、それほどメルセデスがすごいという褒め言葉です。

サンタナ: I would kill to be you right now, thinking about creating the perfect single to save my record deal.
『glee/グリー』で、サンタナはメルセデスを羨ましがる
Glee [Credit: Fox]

『コミ・カレ!!』から

アニーが振られて泣いているのを見たブリッタが励まします。「殺人を犯してまであなたと一緒になりたい男が外にはいるわよ」。なるほど、普通のwould like toよりも殺してまでが入る「would kill to」の方が、ここでは最大限の励ましになってますね。ここのscrew himはどうでもいいというニュアンス。

ブリッタ: Oh, Annie, screw him. There are guys out there that would kill to be with you.
『コミ・カレ!!』で、ブリッタはアニーを励ます
Community [Credit: NBC]

最後に

今回は初見で意味が取れなかった「would kill to」の紹介でした。意味はwould like toと同じ「〜したい」。でも、裏には「殺しも厭わない」という強い意味が込められているのでした。『コミ・カレ!!』の励ましのシーンのように、使い所を間違わなければ超効果的ですね。『glee/グリー』や『コミ・カレ!!』の若者が使っているので、特に古い言い方でもなさそうです。それでは〜