セピア色の古い海外の新聞
Image by Krzysztof Pluta from Pixabay

「Bad News」の意味

海外ドラマではgood newsとbad newsのどちらを先に聞きたい?と問うのはよくあるシチュエーションなんですけど、ここの意味はもちろん「良い知らせ」と「悪い知らせ」ですね。でも、「bad news」にはイディオムで別の意味「厄介者」があるのが興味深いところ:

bad news

(idiomatic) An irritating, troublesome or harmful person, situation or thing.

(イディオム的)ムカつく、面倒で、悪影響のある人物や状況や物

だから「あいつはbad newsだ」と言えば、それは悪い知らせ(bad news)を作り出す張本人、トラブルメーカーというニュアンスなんでしょうね。

海外ドラマでの「Bad News」

それでは、どういった登場人物が「bad news」呼ばわりされているのか、海外ドラマでチェックしてみたいと思います。

『フレンズ』ではレイチェルの彼氏

レイチェルが男と部屋に入っていくのを見たロスは大慌て。「ヤツはbad news」と言ってから、二人の邪魔をしようとジュースを借りに行こうとします(笑)

ロス: Look, this guy is bad news, Chandler. I can sense he’s an operator. Rachel wouldn’t date an operator.
『フレンズ』で、レイチェルと男の様子を見に行こうとするロスとそれを必死で止めるチャンドラー
Friends [Credit: NBC]

『GOTHAM/ゴッサム』ではシルバー

ブルースのもとにキャットウーマンことセリーナが訪れ、ブルースが今仲良くしてるシルバーはbad newsと忠告。ブルースと恋仲になろうとしてるシルバーですが、果たして、セリーナの嫉妬がそう言わせてるだけなのか、それとも本当にbad newsなのか・・・

ブルース: Selina, what are you doing here?
セリーナ: Saving your ass from making a big mistake. Silver is bad news, Bruce.
『GOTHAM/ゴッサム』で、ブルースに忠告するキャットウーマン
Gotham [Credit: Fox]

『SUITS/スーツ』では「あちらのお客様から」

ハーヴィーとドナが飲んでいると、「あちらのお客様から」とウェイターがグラスを持ってきます。ドナは女の直感ですぐ「bad news」と気付きます。

ドナ: Okay. I don’t know who that is, but I’m telling you right now, he is bad news.
『SUITS/スーツ』で、ハーヴィーとドナがお酒を飲む
Suits [Credit: USA Network]

最後に

今回は「厄介者」と言う意味のイディオム「bad news」の紹介でした。

個人的に男を表すと勝手に思っていたので、『GOTHAM/ゴッサム』の女性シルバーにもbad newsを使っていたので、意外とニュートラルと気づきました。

こうなると気になるのは、反対の意味での「good news」があるかですが、残念ながら海外ドラマの英語字幕のデータでは「He’s good news」と言ったセリフは見つけられず。辞書にもなさそうでした。

なお、辞書には非可算とあるのですが、今回の例は冠詞「a」が付いたり付かなかったりで、口語ではそこまで意識しないのかもしれません。というか、話し言葉では冠詞なんて発音も音の強弱も弱くなりがちです。

まあ、いずれにしても、bad newsと言われないようにしたいものですね。それでは〜


一般的にはどっち?↓