いつものようにA Way with Wordsを聞いていたら興味深い話が。それは、carrot and stickという英語表現について。日本語だと「アメとムチ」と訳されますが、英語だと「人参と棒」なんですね。このラジオ番組の質問者は、この表現は、よくある「馬の鼻先に棒でぶら下げた人参とそれを食べようと走る馬」のイラストから来てると考えます。でも、そのシチュエーションってよく考えると、アメとムチの意味とはちょっと違いますよね。報酬(人参)は決して与えられないし、罰(棒で叩く)も与えられない。馬は永久に食べることができない人参の方向に走るだけです。だから、どうしてアメとムチの意味になったの?というのが質問。結局回答は、元々、報酬(人参)と罰(棒で殴打)を使い分けて馬を進ませるという比喩があって、後からイラストが出てきたってだけみたいです。そう考えると、日本語の「アメとムチ」はなかなか混乱のない表現なんだなと感心しました。

A Way with Words | Carrot and Stick Origin

www.serendipity.page

f:id:insaneway:20180701020953j:plain