「onto」 vs. 「on to」

なんとかoff the gridの世界から帰って来れました。帰ってきて一番驚いたのが、記事更新しない方がブログのアクセスがあること(笑) いやー、偶然だとは思うんですけど、なんかショック・・・。

それは置いておいて、以前ontoに感づくの意味があることを紹介したのですが、その時調べた際に、辞書に面白い事実が書かれていました:

onto

USAGE:

The preposition onto written as one word (instead of on to) is recorded from the early 18th century and has been widely used ever since. In US English, it is the regular form, although it is not wholly accepted in British English.

「on to」の代わりに一単語で書かれる前置詞「onto」は18世紀初めから記録され、それ以来広くに使われている。アメリカ英語では「onto」は標準の形式だが、イギリス英語では「onto」は完全に受けられてはいない

New Oxford American Dictionary

つまり、ブリティッシュ英語では、分割されてる「on to」も普通に使っている。

えー? みんなこの事知ってた??

自分はこの時初めて知って、とても驚いてしまった。というか、今までon toというパターンなんて見たことない気がする(副詞on + 前置詞toではないことに注意!→文末に追記)。

海外ドラマの英語字幕から

それじゃ、ということで、早速手元の英語字幕を調べてみると・・・

You got to figure that he’s on to something.

Numb3rs/Season 5/Episode 23

let you know you’re on to something important

How I Met Your Mother/Season 5/Episode 10
ハワード: Hear him out. If he’s really on to something, we can open a booth at Comic-Con, make a fortune.
『ビッグバン★セオリー』で、レナードとハワードの会話
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

うわー本当だ。大量に出てくる・・・。どいつもこいつも、なんらかの事に感づいている。この2単語分割版「on to」に「感づいていなかった」のは、自分だけってオチなのかな??(笑)

でも、ちょっと待って欲しい。

ここで出てきたセリフは、両者ともアメドラ・シットコムですよね。あれ? 辞書の説明にあったブリティッシュどこへ行った?

!!!

そうか! そうなんだ! 海外ドラマのとある場面で役者が「オントゥ」と言ったとする。でもそれは、別にontoでもon toでもない単なる音声でしかない。ただ、それをいざ字幕にする時に、字幕作成者の傾向・配慮・好みが入って、ontoだったりon toになったりするってことなんだ! もちろん、その字幕を使うであろう視聴者がどういった層なのかを、商用版の字幕は考えてはいると思うんだけど(アメリカ市場向け、イギリス市場向け等)。

これは日本語のドラマの日本語字幕を考えてみれば分かるよね。役者が「たとえる」と言った時に、日本語字幕が「喩える」になるのか「例える」かは字幕担当の匙加減になってしまう。

ということで、海外ドラマの字幕でこのontoとon toの違いを見るのはかなり見当外れという結論かな(笑) 多分、小説などの読み物を使って比較すると、作家の用いる英語違いがontoに現れるんだと思う。そういう意味では、ライティングにおけるアメリカ英語とブリティッシュ英語を計るリトマス試験紙の一つと言えなくもないかな。

『ふしぎの国のアリス』で「on to」を探すと・・・

ちなみに、ブリティッシュな古典的名作『ふしぎの国のアリス』を題材に小説内を検索すると・・・

ontoは思った通りの0件です。

対照的に、on to

Alice was not a bit hurt, and she jumped up on to her feet in a moment

Alice in Wonderland

のようにたくさん使われていましたとさ。

ということで、

ontoとon toの違いにみんなontoしましょう

というネタでした(笑)

副詞on + 前置詞to

冒頭に注意書きで書いた事の説明。字面だけ見るとon toという並びだけど、最初のonが句動詞の一部等になってる副詞のパターンもあるので、単純にすべてのon to がontoにできると言うわけではないことに注意。

Let’s move on!

先に移ろう!

のonは句動詞move onの一部。

Let’s move on to something else, shall we?

何か他の議題へ移りません?

は最初の例に「to something else」と議題の移り先を追加したもの。ここはtoだけが前置詞なのでontoにはなれず、アメリカ英語でも「on to」になります。

それでは〜