f:id:insaneway:20190525214935p:plain:w120

今回は一発ネタ。本当に試験には出ないので、受験生は読んじゃダメ。

一応文法のおさらいです。原級はある物差し(形容詞・副詞)でA=Bを表し、比較級はA>Bを表す構文でした。

それを踏まえ、redditにあった次のコメントを見て下さい。

Trump is as dumb as a rock. Now that I think about it, I want to apologize to rocks.

実はas dumb as a rockはそれ自体で定型表現ですが、ここでは一旦置いておき、普通の原級として見てみます。

まず、トランプは岩と同じくらいアホと述べます。その直後、Now that I think about itとしばし考えてみた結果、岩に謝りたくなったのだそうです。つまり、「岩さん達、トランプなんかと比較してゴメン」というわけです。「君たちはそこまでヒドくない」と。そしてほら、この時点で、アホさ加減で「トランプ>岩」が言えちゃってます(笑) つまり、

謝罪を追加するだけで比較級の意味に早変わり

こんなの試験には出ないけど、レトリックとして面白くないですか?

でもこれって実は、日本語でもよく目にする表現なんです。ネット上で「お前は小学生かよ(原級)」「それは小学生に失礼だ(謝罪)」なんてやり取りあるじゃないですか。それと構造は全く同じですよね。

ちなみに、途中で置いておいたas dumb as a rockは、「岩と同じくらいアホ=とてつもなくアホ」という決まり文句になってます。

岩の例でも小学生の例でも比較自体はあまり本質的でなく、対象がとんでもなくアホだというのが主眼ではありますけど、なかなか興味深かったので”クリックベイト”なタイトルを付けて紹介してみました(笑)