Womp Womp実際の音

womp wompはウォンプ、ウォンプとちょっと間抜けな響きですが、実際ジングルとして使われます。意味合いは色々あるみたいですね。

Urban Dictionaryによると

womp womp

loss, awkward situations, a response to any person attempting to use a purely emotional argument to further their agenda

敗北、気まずい状況、感情的な議論へのレス

となっています。

そこで、実際そのジングルを聞いてみましょう。 この記事は、聞いてから読むのと聞かないで読むのとでは理解に100倍の差が出ます(笑)↓↓

ほら、「ほわほわほわほわほわわわわ〜ん」。日本でも失敗した時におなじみのやつじゃん!!

『アーチャー』のWomp Womp

海外番組では実際の音のジングルが使われるのがほとんどだと思いますけど、口頭で発せられるパターンもいくつかありました。下記海外アニメ「アーチャー」のシーンでは、クリーガー博士がKGB女スパイのカーチャを口説こうとすると、「私が愛する人はアーチャー」と言われてしまい、Womp, wompしています。自虐であのジングルを流してるイメージ(笑)

クリーガー博士: Womp, womp.
『アーチャー』で、クリーガーはカーチャに言い寄るも、拒否られwomp wompする
Archer [Credit: FX]

『12モンキーズ』のWomp Womp

『12モンキーズ』でも自虐での使用がありました。もう何もかも終わりだという状況で自嘲してます。

Womp-womp.
『12モンキーズ』で、
12 Monkeys [Credit: NBCUniversal Television Distribution]

redditのWomp Wompの例

このジングルは、ネット上コメントが書ける所で幅広く使われています。そういう意味ではwomp wompは既にネットスラングですね。上のジングルがふさわしい「残念でした」な場面で効果的に使われます。

例えば、下記のredditのスレ。「オバマ、ヒラリー等に郵便爆弾を送ったトランプ支持者が裁判でむせび泣き」という記事ですが、コメントの一部にwomp wompが出てきます。

Can I be the first to say it? Please? Okay, here we go… womp womp

ここでこの人は、「俺が一番に言っていい?」と前置きしてますね。みんなの意見を代弁をしている感じでwomp wompです。爆弾魔が最終的に泣いて減刑を求めるなんて、このジングル「ほわわわわ〜ん」に相応しい結末なんです(笑)

CNNで大問題になったWomp Womp

さて、このwomp wompですが、遡ること9ヶ月前に、なんとテレビで口頭で発せられてしまったんです。それもCNNの生放送中。米国への移民志願の母娘が離れ離れにされているトランプの政策を扱ったニュース。しかも、当該の娘は10歳でダウン症という悲痛な状況。そのニュースを伝えるコメンテーターに、Corey Lewandowski(トランプ大統領の側近)が途中でwomp wompとつぶやくのです。そして、それに激おこのコメンテーター。

コメンテーター: I read today about a 10-year-old girl with Down syndrome who was taken from her mother and put in a cage…

Corey: Womp womp.

コメンテーター: Did you just say ‘womp womp’ to a 10-year-old with Down syndrome? How dare you. How dare you. How absolutely dare you, sir.

CNN

実際のクリップは下記から。

これは相当ひどい言い方ですよね。「はるばる遠くから来たのに米国に入国できなくてご愁傷様、ほわわわわーーん」って感じ。見下してる感が出まくり。少なくとも、母と離れ離れになった10歳のダウン症の女児に向かって投げかける言葉ではない。そりゃ、コメンテーターもHow dare you三連発で怒るわけです。最後はabsolutely付きですから、この人の怒髪天具合が分かるというもの。ここのHow dare you.は「よくも貴様そんなこと言えたな」というニュアンス。実際、このCoreyのwomp wompはその後大問題に発展したみたいです。

最後に

さて、このジングル「womp womp」。日本語だと何となるんでしょう? 意味的には「ちーん、ご愁傷様」って感じかな。一応和風ジングルをこちらも入れてみた(笑) 我ながら結構うまい訳かもしれない。著作権は放棄するので自由に使って下さい。他にも「残念、ボッシュート」でもいいかもね。

でもさ、このジングルって日本人的には絶対womp, womp(ウォンプ、ウォンプ)とは聞こえないですよね。そこが本当に不思議。こういった言語間の聞こえ方の差異って、動物の鳴き声の聞こえ方の違いと同じなのかな。にゃーとミャオみたいに。

以上、今回はジングルの一種で既にネットスラングとしてネットの掲示板で使われまくっている「womp womp」の紹介でした。多分最初で最後の

最初に実際の音を聞くのと聞かないのとでは理解に差が出る記事

だったかもしれない(笑)

でもまあ、これって日常生活ではあまり使い所はないかもしれないですね。だって、会社の同僚が手がけてたプロジェクトが失敗して気落ちしてる時にwomp wompしたら殺されますって(笑) 就活でお祈りされまくってる友達に使えると思う?

そういう意味では、womp wompというどこか間抜けな響きは、ネット上でのみ聞ける調べなのかもしれません。womp womp。そりゃCNNの生放送で言ったら大問題なわけです(笑)

(追記:)なんとこのwomp wompの音が↓↓の効果音集CDに収録されていました。ちなみにタイトルは「フワフワフワ ワワワワ~ン」(笑)