Green=お金?

スラングで「green」にはなんと「お金」の意味があるのだそうです。これはドル紙幣(の裏)が緑色だからだそうですが・・・

green

(US, slang, uncountable) Money.

(アメリカ、スラング、不可算)お金

海外ドラマの中の「緑(green)」

ということで、そんな緑紙幣のシーンを海外番組の中で探してみました。

本当に日本人の目からも「緑」に見えるのでしょうか?

ブレイキング・バッド

大金が出てくるシーンと言って真っ先に思い出したのが『ブレイキング・バッド』。でも緑に見えない・・・。スカイラーとウォルターも緑じゃなく残念がっているようです(笑、嘘です) ちゃんと裏側じゃないといけないのかな?

『ブレイキング・バッド』で、ウォルターとスカイラーは大金を目の前にする
Breaking Bad [Credit: AMC]

更に調べてみましたが、現生が出てくるシーンってそんなに多くないですね。そこで、面倒くさいのでググっちゃいました(笑)

スーパーストア

『スーパーストア』で、紙幣を数える
Superstore [Credit: NBC]

パワーパフ・ガールズ

『パワーパフ・ガールズ』で札束
The Powerpuff Girls [Credit: Cartoon Network]

どうでしょう? 緑といえば緑ですが、浅葱色って感じですかね?

実際、この事実を説明している海外ドラマのシーンもありました:

Green is the color of money.

The West Wing/Season 5/Episode 5

ということで、個人的には「Green=お金」は、なんとなく納得かな。

Fun Fact: Dough

ちなみに、お金を意味する他の単語として「dough」があります。文字通りの意味は、コネコネするパンなどの生地のことですね。

daoughがこの「お金」の意味で出てくるシーンは、『クレイジー・エックス・ガールフレンド』のオープニングの曲の中にあります。Making doughは生地を作ってるのではなく、お金を稼いでいるんですね:

I was…

Working hard at a New York job

Making dough but it made me blue

One day I was crying a lot

And so I decided to move to

West Covina, California!

Crazy Ex-Girlfriend Theme Song

最後に

今回はお金を意味するアメリカ英語スラング「green」を見てみました。語源はドル紙幣の色からでした。まあ、日本で「諭吉」言うのと似てる感じですね。

英単語「green」には他にも、環境保護や未熟の意味もあるので辞書をひくと面白いです。嫉妬がgreen-eyed monsterだったりして。

英語スピーキングテストでよくある質問「好きな色」を聞かれたらgreenとしてみるのも面白いかもしれませんね。理由はお金の色だから・・・って、現金なやつと思われるだけかな?(笑)

うまく落ちたところで、それでは〜

米2ドル紙幣
Image by Mary Pahlke from Pixabay

青信号「Green Light」だと・・・↓