最近シーズン2が始まった『アンブレラ・アカデミー』ですが、自分はスーパーヒーローモノということで、食指が全く動かない状態でした。でも、週末シーズン1の最初の数エピソードをなにげに見たら、これがなかなかおもしろいストーリー。お盆にイッキ見すること決定です(笑)

その『アンブレラ・アカデミー』の中に、面白い設定がありました。時間を遡行できる能力を持つナンバー・ファイブという子が未来に行くと、既に人類が滅亡していたんです。しかも、本人は元の時代に戻れず、その時代を数十年過ごす羽目に。そこで、寂しさのあまりマネキンに恋心を抱くのでした。

『アンブレラ・アカデミー』で、ナンバー・ファイブのマネキンの彼女ドロレス
The Umbrella Academy [Credit: Netflix]

自分はいくら寂しいからといってこの「マネキンに愛情を求める」ってのが全くわかんないのです。というか、マネキンって怖いじゃん(笑)

そこで調べてみると、その名も『The Last Man on Earth(地球で最後の人)』という全く同じシチュエーションを扱ったコメディドラマの中にも、地球に最後に残った男がマネキンに恋する設定があったのです。

『The Last Man on Earth(地球で最後の人)』で、主人公に恋されるマネキン
The Last Man on Earth [Credit: Fox]

地球で最後の人になった人物は歴史上まだ誰もいないのだから、これはクリエーターの想像から生まれた設定なんでしょうけど、全く同じ設定に行き着くってのが非常に興味深いですよね。

皆さんが地球で最後の人になったっとしたら、寂しさを和らげるために何をするでしょうか? 私なら、海外ドラマずっと見てるかもねw それでは〜