「SNAFU」の意味

ここ最近SNAFUなるスラングをSNS等のコメント欄でよく見かけたのでちょっと調べてみました。

まず当たったのはWiktionary。

SNAFU

A ridiculously chaotic situation.

バカバカしいほどに混乱した状況

「SNAFU」の語源

なんでこんな意味になったかですが、軍隊用語から来てるみたいです:

(military, slang, euphemistic) Acronym of status normal all fucked up or situation normal all fucked up

status normal all fucked up(状況は平常、全てめちゃくちゃ)の頭字語

ここの「fucked up」はめちゃくちゃ・大混乱を言う俗語の形容詞。戦場というはいつも大混乱で、それが平常運転ってことを意味してるようですね。それの頭文字を取ってSNAFU。

戦争映画とか見れば戦場の大混乱ぶりは分かりますよね。どこから弾が飛んでくるかわからない状況。そんな中、敵と対峙しなくてはならない。そして、命令をもらう上官も途中で撃たれて死ぬのが常ですので・・・。この戦場の混乱イメージがSNAFUに入ってたということ。

残念ながら、このSNAFUはネットスラングなので海外ドラマでそれほど使われませんが、使われている場面をいくつか見つけましたので、それを以下見てみます。

『WEEDS~ママの秘密』から

まず、『WEEDS~ママの秘密』。ダグは役人のお役所仕事でホームレスが影響を受けることで食って掛かります。その中で、役所の仕事ぶりを「SNAFU」と呼びます。ちなみに、発音はスナフー(↗)と言う感じです。豆腐に近いかな。

ダグ: Because of your office’s little SNAFU, not to mention how many will be sleeping in dumpsters…
『WEEDS~ママの秘密』で、ダグは役人に食ってかかる
Weeds [Credit: Showtime]

『NCIS』から

もう一つは『NCIS』。こちらはGoat ropeというスラングを説明するのにFUBARSNAFUの間という説明をしていました。

-Hey, make sure he didn’t do any of that virus goat rope crap to my… my thing.

-Goat rope?

-Marine term, probie. Means halfway between FUBAR and SNAFU.

NCIS/Season 2/Episode 19

「FUBAR」の意味

もちろん気になるので、「FUBAR」も調べてみましょう(笑)

FUBAR

Fucked up (or, bowdlerized, fouled up) beyond all recognition (or beyond all repair, or beyond all reason).

認識を超えてめちゃくちゃ

と、こちらも混乱を表していますね。そしてfucked upは同じ。

ついでに、goat ropeも(笑)

goat rope

A confusing, disorganized situation often attributed to or marked by human error.

混乱した状況、しばしば人為ミスによる

FUBARとSNAFUの間なんだから、こちらも混乱ぶりを表していますね。

なお、goat ropeの語源については、2つの説がありました。

まず最初は、文字通りヤギの群れを縄で捕らえようとする状況。ヤギたちは大混乱ですね。

もう一方は、goat rapeから派生した婉曲表現という説。ヤギを獣姦しようとすると大混乱ということみたいです(笑) なんじゃそりゃw

最後に

いずれにしても、「SNAFU」から3つもの「大混乱」を意味するスラングを覚えられてしまった。この中では・・・・、goat ropeが覚えやすいですよね。やっぱストーリーがあると覚えやすいんですよ。使えるかどうかは別として(笑)

それでは、また〜