two(different) sides of the same coin。文字通りの意味は「同じコインの2つの面=同じコインの裏表」ですが、「一見裏と表と違った風に見えるけど、本質は同じ1枚のコイン」ということを表すのにも使えます。つまり、比喩的に「別々の物っぽく見えるけど、実際は一つ」ということを意味できるんですね。

例えば、収入増と節約はtwo sides of the same coinかもしれませんね。どちらも、お金に余裕ができますので。

そんなtwo sides of the same coinが出てくるシーンを海外ドラマから集めてみると・・・

最初は愛と憎しみ。これはその通り。恋愛ドラマの主要なテーマだったりもします。

Well, you know what they say, love and hate are two sides of the same coin.

Master of Sex/Season 2/Episode 5

お次は、痛みと快楽。『マスター・オブ・セックス』は扱ってるテーマからか、なかなかいい線突いてます。

But aren’t pain and pleasure two sides of the same coin?

Master of Sex/Season 4/Episode 3

『NUMBERS 天才数学者の事件ファイル』では、電気と磁気。電磁気学ですね。

This is the perfect way to show that electric and magnetic forces are two sides of the same coin.

Numb3rs/Season 3/Episode 3

二人の人物が裏で繋がってることを表すのもTwo sides of the same coinでできちゃいます。

He believes we’re connected. Two sides of the same coin.

Gotham/Season 3/Episode 4

同じ『GOTHAM/ゴッサム』からは、ブルースがトレーニングを受けてるシーンで使われていました。怒りと痛み。これもありがちかな。

マスター: Rage and pain are two sides of the same coin.
『GOTHAM/ゴッサム』でブルースはトレーニングを受ける
Gotham [Credit: Fox]

ということで、two sides of the same coinというフレーズの紹介でした。

結局、何か2つのものが本質的に一つである時に使えるんですね。

こういう表現は、英語のスピーキングテストとかで使えるとめちゃくちゃかっこいいんですよねー。小難しい英単語使うより、よく使われるこういったフレーズのほうが自然に響きますし。まあ、本番試験は焦ってしまって頭が真っ白になるもんですけど(笑)   それでは〜