What’s your deal?」は意味が取りにくいフレーズですが、相手がこちらが意図しないような行動などを取ってるときに使われます。意味は「どうしちゃったの?」。

dealには名詞で「取引き、契約、取り決め」の意味がありますよね。相手が不自然な行動を取ってるってことは、何かこちらは知らない裏の取り決めがあってやっているということ。その取り決めをWhat’s your deal?で聞いているってことですね。といっても、本気でdealの中身を聞いているのではなく、相手の不自然な行動を「どうしちゃった?」と聞いているニュアンスですね。

例えば、おしっこ我慢してもぞもぞしてる人が居たとして、そんなこと知らない他人がそれを見て怪訝に思えば「What’s his deal?」になるかもしれませんね。ずーっともぞもぞしてて一体何なんだ?というわけ。

そんなフレーズ「What’s your deal?」は、以前紹介した『ビッグバン★セオリー』のクーパー・ノヴィツキーの定理の中で使われていました。

シェルドンとラモーナの異常な友達関係を見たペニーは、部屋を出るなりレナード達に「What’s Sheldon’s deal?」と聞くんです。「どうしちゃった? 何があった?」という響きになってますよね。

ペニー: What’s Sheldon’s deal?
レナード: What do you mean “deal”?
ペニー: You know, like what’s his deal?
『ビッグバン★セオリー』で、ペニーはシェルドンとラモーナの関係をレナードに聞く
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

他にも、『リック・アンド・モーティ』からは、モーティがリックの装置でおかしくなってしまいます。そんなことを知らないサマーは、弟モーティを見るなりWhat’s his deal?です。

サマー: What’s his deal?
『リック・アンド・モーティ』で、モーティが泣き叫ぶのを止めるリック
Rick and Morty [Credit: Adult Swim]

結局、不自然だったり奇妙な行動を取ってる人にWhat’s your deal?と聞くパターンになってます。

dealに関しては、not a big dealとか、合意する時のdealなんかも海外ドラマでは必須のフレーズですね。

動詞のdealしか知らない人は次回海外ドラマを見るときにdealの使われ方に注目してみるといいかもしれません。

それでは、また〜