海外ドラマの『GLOW』が打ち切りになってしまったということで、最近最初から見返しているんですけど、次のシーンに面白い語彙がありました。

それは、デビーがプロレスを本気でやろうと決心する場面。プロデューサーのサムにその代わりとして、とびきりのheelを見つけろと言い放つんです。ここのheelは明らかにカカトのheelではありませんよね。既に日本語にもなっている「ヒール、悪役」の意味の方です。

デビー: But if you want me to be the star, I need a great heel.
『GLOW』で、デビーはレスリングをやる気になる
GLOW [Credit: Netflix]

でも、なんでheelが悪役の意味になったんでしょうか? よく考えてみれば、これはかなり不思議な話ですよね。隠れて踵に武器でも付けていたんでしょうか?(笑)

そこで調べてみると、やっぱしプロレスが発祥でした:

Heel

The term “heel” is most likely is derived from a slang usage of the word that first appeared around 1914, meaning “contemptible person”. The Spanish term, used in lucha libre, is “rudo”.

heelという言葉は1914年頃に出現したスラングから由来しているのであろう、意味は「卑劣な人物」。lucha libre(メキシコのプロレス)では、スペイン語で「無礼」の意味。

とあって、結局足の踵(カカト)とは全く関係なし(笑) 簡単に言えば、偶然綴りが同じだったパターンですね。例えば、入れ墨のtattooなんかもこれと同じですね。元々英語でtattooは「戦場での帰営 ラッパ」を意味してたのに、別のところから綴りが同じ入れ墨の意味でのtattooが入って来ましたから。

だからまとめると、海外ドラマ『GLOW』の上記場面で使われたheelはプロレスの文脈なので、正式な使われ方なんですね。

なお、プロレスでわるもんのheelに対抗するいいもん側はbaby faceというのだそうです。へえ、自分は歌手のBabyfaceしか知らなかった(笑)

それでは〜