That makes two of usは自分が相手と同じ意見や状況の時に使われる決り文句。文字通りの意味は、(私も同じだから、)相手と合わせれば2になると言ってるだけですね。基本的には、相手の意見への返答に使われて、「自分も同じだ」を意味できます。

今、手元の海外ドラマの字幕を調べてみると、60−70件はヒットするので、普通に使われてますね。

それでは、どんな場面でThat makes two of usのフレーズが使われているのか、いくつかピックアップしてみます。

ビッグバン★セオリー

まずは『ビッグバン★セオリー』から。恋人のエイミーがエキサイティングなニュースがあるというと、シェルドンが「僕も」とThat makes two of usで返答。曰く、アマゾンでかわいいハサミを買ったんだとか(笑)

エイミー: Sheldon, I have some exciting news to tell you.
シェルドン: That makes two of us. My new cuticle scissors will be here in one to two business days.
『ビッグバン★セオリー』で、チーズケーキ・ファクトリーでエイミーの話に全く興味のないシェルドン
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

リック・アンド・モーティ

『リック・アンド・モーティ』では、モーティが暗殺者のエイリアンを殺した直後のシーン。宇宙船から降りると、別のエイリアンに銃を突きつけられます。モーティは必死に「こいつは誰かを殺そうとしてたんだ」と弁解しますが、エイリアンは「that makes two of us」とだけ。ここの意味は明白ですね。このエイリアンも誰かを殺そうとしてるんです。もちろん、その誰かはモーティです(笑)

エイリアン: Drop the gun.
モーティ: You don’t understand! This guy was gonna kill someone!
エイリアン: I guess that makes two of us.
『リック・アンド・モーティ』で、暗殺者を殺してしまうモーティ
Rick and Morty [Credit: Adult Swim]

ウォーキング・デッド

最後は『ウォーキング・デッド』の初期のエピソードで、メルルが屋上に手錠で繋がれているシーンから。見張り番のT-ドッグが飽きてきて、誰かの声を聞きたいといい出します。それにメルルも「俺も同じだ」と、that makes two of usで同意します。

T-ドッグ: I’m hoping to hear somebody’s voice, ‘cause I’m getting sick and tired of hearing mine.
メルル: Yeah, well, that makes two of us.
『ウォーキング・デッド』で、ビルの屋上でメルルを監視するT-ドッグ
The Walking Dead [Credit: AMC]

ザ・ホワイトハウス

さて、ここまで来ると、twoじゃなくthreeのパターンもあるのでは?と気になってきますよね。そこで字幕を調べると、これがありましたよ! 『ザ・ホワイトハウス』に!

That makes three of us.

The West Wing/Season 4/Episode 3

最後に

こういった言葉遊びは元ネタを知ってないと理解が難しいですが、この記事を読んだ皆さんなら、threeでもfourでも問題なしですね。

that makes two of usは簡単なので、是非日常英会話で使ってみてください。3単現のsは忘れないでね。

それでは〜