私が英語を本格的に勉強し始めたのが7年前。そして、英語テストの点数を上げるためだけの勉強に疑問を持って、海外ドラマを一心不乱に見始めたのが5年前。それ以来、英語力は着実に上り続け、今ではCNNも海外ドラマも英語字幕無しで普通に見られるようになりました(プチ自慢)。ちなみに、ここだけの話、英検1級を取った当時はCNNの理解はかなり厳しかったのです(笑) だから、英検1級と言っても大したことないのが分かります。

今では、昔夢に見てた「英語ができるようになったら是非ともやってみたいこと」ができるようになったわけですが、いざそうなってみると別にどうでもよくなるのは面白い人間心理ですね。「海外の映画館に行ってネイティブと一緒に笑いたい」とかもずっと思っていましたが、笑いって英語より笑いの様々なテンプレを理解することの方が重要というのを学べたのも、英語力向上と海外ドラマ視聴のおかげかもしれません。

そんな私ですが、以前は全く認識していなかったとある事実が、英語ができるようになって分かるようになったので、今回はそれを述べていこうかと思います。

その事実とは、世界の人々はそれほど賢くないです。

え?知ってました?(笑) そんな人は以下読む必要はないかもしれませんね。

ボリス・ジョンソン: Life expectancy in Africa has risen astonishingly as that country has entered the global economic system
ボリス・ジョンソンのConservative Party Conference 2016でのスピーチ。アフリカを国と見做す
アフリカを国と見做すボリス・ジョンソン at Conservative Party Conference 2016

昔の私はそんなこと全く想像すらしてませんでした。自分の理解できない英語で話してるから、なんとなく高尚なことを話しているに違いないと思ってたんですね。だって、私が理解できるのは日本語のみ。日本国内1億数千万人が基準だったのです。そして、英語のリーディングマテリアルを見て下さい。死刑だったり、中絶だったり、陪審員制度だったり。とにかく高尚なことばかりじゃないですか(笑)

しかし、英語ができるようになると、基準の範囲が格段に広がります。ニュースなどからは一次情報を直接取得できるのです。英語で世界のリーダーの生の声・考えを直接聞くことができるんです。実は、日本のマスメディアは情報を自分好みに編集・脚色したり、意味合いを大幅に薄めたりするので信頼に足りないことも多々あるんですね。

トランプ: One of the wettest we’ve ever seen, from the standpoint of water
トランプ大統領はハリケーン・フローレンスの被害に対しコメント
トランプ大統領はハリケーン・フローレンスの被害に対しコメント

他にも、インターネット・SNSもコミュニケーションのツールとして使われますが、英語が標準言語になってますよね。ヨーロッパなどの英語を喋らない圏内の人でさえ英語で自分の意見を書き込んでますし。そういったものを読むだけでも世界のレベルがある程度理解できてくるのです。そりゃ、極小数の超天才の人々は世界にはいるわけですが、平均を取ってしまえば低いんですよ。いや、実際のところ、かなり低いんです(笑) 日本の教育水準が比較的高いのが、逆に英語ができるようになって理解できましたもん。掛け算できなかったり、三角関数分かったら神レベルだったり。目に見えないウィルスの存在を信じられない人々が大勢いて、新型コロナウィルスのワクチン接種するのを今まさに拒んでいるんですよね。

これが、私が昔全く認識していなかったことです。ある意味、英語学習の副産物といったところでしょうか? 英語を学ぶことで視界が大きく開けたんですね。ローカルとグローバルではやはり違うんです。校内で成績一位でも、全国模試だと散々とかそんな感じなんです。

この2021年から英語勉強を新たに始めようと決心した人も多いはず。皆さんへの私からのお願いは、英語勉強を是非ともコツコツ続けてください。そのうち、私のように想像だにしなかったことが理解できる瞬間が来るはずですからね。

それでは、また〜