M. C. エッシャーと言えば、昔個展が開かれた時に行ったことがあるんですよね。なかなか不思議な絵ばかりで、知的好奇心をかなり刺激されました。

だから、海外アニメなどでエッシャーっぽい(Escher-esque)描写が出てくると一発で分かるんです。

例えば、最近見た『ヒルダの冒険』に以下のシーン。ヒルダはとある家に閉じ込められるんですが、その中身はエッシャーの世界なんですね。

『ヒルダの冒険』で、ヒルダはエッシャー風の家の中を逃げ回る
Hilda [Credit: Netflix]

調べると、映画の中でもこのエッシャーはフューチャーされていますね。

まず、『ラビリンス/魔王の迷宮』から。CGの背景がエッシャー風です。

映画『ラビリンス/魔王の迷宮』で、
Labyrinth [Credit: Columbia–EMI–Warner Distributors]

次は名作の『インセプション』でも。建物内の階段がエッシャーの『上昇と下降』になっています。つまり、永遠に上昇するし、反対周りだと永遠に下降するという不思議な状況。

映画『インセプション』で、エッシャーの上昇と下降をモチーフにした階段の場面
Inception [Credit: Warner Bros. Pictures]

この『インセプション』の階段に関しては映画本編でもそうですが、次のYouTube動画でどう実現したか詳しくネタバレがされています。サムネで一発で分かるかと思います(笑)

やはりエッシャー作品の世界を現実で実現するのは簡単ではないんですね。

ということで、エッシャー風の描写はアニメで多くなる傾向のようです。絵を描くだけなのでわりかし簡単にできるんですね。

次の『リック・アンド・モーティ』では、エッシャー風の迷宮内を逃げるリックとモーティ。

『リック・アンド・モーティ』で、
Rick and Morty [Credit: Adult Swim]

アニメ『フューチュラマ』からではアパートの一室がエッシャー風。

『フューチュラマ』で、
Futurama [Credit: Fox]

ということで、今回は映画・海外アニメで出てくるエッシャー風の場面を集めてみました。

エッシャー展も会場自体が上記のようなエッシャー風の構造になってたら面白そうとか思ったんですけど、迷子が頻発して却って大変かもしれないと思い直しました(笑)

それでは、また〜