「Pick One’s Brain」の意味

イディオム「pick one's brain」は「知恵を借りる/相談に乗ってもらう」ということ。このpickは「盗む」とかそんなニュアンスでしょうか。

海外ドラマでは、親だったり友達だったり、結構相談に乗ってもらうシーンが多いようですね。海外番組でのこのイディオムの使われ方を見てみましょう。

『ビッグバン★セオリー』から

スチュアートのコミック屋でラジとハワードが『アナと雪の女王』について1時間議論していると、美人クレアが会話に割り込んできます。 ラジが宇宙物理学者と知ると、映画脚本のため「知恵を貸して」欲しいと頼んできます。Do you thinkとかcouldにしてるのが丁寧な響きですね。

クレア: Do you think I could pick your brain for my movie sometime?
『ビッグバン★セオリー』で、クレアとラジが出会う
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

『ブレイキング・バッド』から

下半身を麻痺したハンクは自宅で手持ち無沙汰。趣味の鉱石集めをする毎日。そこへ殺人課のティムがファイル片手にやってきます。曰く、担当してる殺人事件がドラッグ関係みたいだから「知恵を借りたい」と。すると、意外にも「ゲール」の名前が上がってきます・・・。by the name of は「〜と言う名前の」の意味。

let me pick your brain a sec. You ever come across a guy by the name of Gale Boetticher?
『ブレイキング・バッド』で、ハンクの知恵を借りに来たティム
Breaking Bad [Credit: AMC]

『HOMELAND』から

CIA捜査官キャリーは、CIA本部からテロリストの片棒を担いだ疑惑と躁鬱を隠していたことで責められます。そして、精神が安定するまで病院で入院措置が取られてしまいます。そこに現れたいかにも怪しげな代理人は、キャリーの専門「中東」に関して「知恵を借して」欲しいと頼み込むのですが・・・。

キャリー: What does your client want?
代理人: To pick your brain from time to time. Put you on retainer, as it were.
キャリー: Pick my brain? On what subject?
『HOMELAND』で、入院してるキャリーの元へ謎の代理人が依頼に現れる
Homeland [Credit: Showtime]

最後に

このように、イディオム「pick one's brain」は相手の専門知識を借りる時に使われる表現ですね。

このイディオムを文字通り取れば、相手の脳を突いたり、摘み取る感じでしょうか? 一瞬『インディー・ジョーンズ』の猿の脳みそシーンを思い出してしまった。うげー

いずれにしても、「pick my brain」されたときは、裏を返せばpickされるものがあると思われているってことなので、できるだけ協力してあげたいものですね。

それでは〜