「octopus」の複数形は一般的に2つ

タコは英語で「octopus」ですね。オクトパス🐙。この「octopus」の複数形がちょっと入り組んでて面白かったので紹介します。

海外番組ではタコの複数形は「octopuses」または「octopi」として出てくる事が多いようです:

ミゲル: Sam and I have this thing for octopuses. Or octopi.
『コブラ会』で、ミゲルは「タコ」がサムとの間の共通のネタになっていることを語る
Cobra Kai [Credit: YouTube Premium]
ナレーター: Octopuses or octopi, both are correct, are part of the cephalopod group and show typical signs of intelligence.
'『世界の"今"をダイジェスト』で、タコの知能を語る'
Explained [Credit: Netflix]

複数形「octopi」が正しくないとされる理由

『世界の"今"をダイジェスト』では「both are correct」と両方の表記が正しいとしています。でも、Wikipediaを見ると

Octopus

The alternative plural “octopi” is considered grammatically incorrect

「octopus」の別の複数形「octopi」は文法的には正しくないと考えられている

とあるんですよね。この文法的に正しくないという理由は以下の通り:

ラテン語起源の単語で、「-us」で終わるものを複数形にする時は「-i」にするという法則があります。例えば、数学で「軌跡」を意味する「locus」の複数形は「loci」、核の「nucleus」は「nuclei」、魔術師の「magus」は「magi」、刺激の「stimulus」は「stimuli」といった具合。他にもたくさんあると思うでの、調べてみて下さい。とにかく「-us」の複数形が「-i」なんです。 それなら、「octopus」の複数形は「octopi」と思うじゃん? でも、タコ「octopus」の場合、そもそも前提が違ったんです。なんと、この単語ラテン語起源じゃなく、ギリシャ語起源なんですって(笑) だから、「octopi」は文法的に間違ってるって話。ギリシャ語での実際の複数形は「octopodes」だったらしいです。

以上が「octopi」が文法的に正しくないとされる理由です(Wikipediaの小難しい内容を分かりやすくしたつもり)。

タコのイラスト
Image by OpenClipart-Vectors from Pixabay

「octopus」の複数形、栄えある勝者は?

それじゃあ、「タコの複数形」は結局のところ、何を使えばいいのでしょう? 前述のWikipediaに戻ると、

Octopus

Fowler’s Modern English Usage states that the only acceptable plural in English is “octopuses”, that “octopi” is misconceived, and “octopodes” pedantic;

『Fowler’s Modern English Usage』では、英語で許容できる唯一の複数形は「octopuses」としている、「octopi」は誤解だし、「octopodes」は衒学的という理由で。

ということで、結局、学校で習った最後に「s(es)」を付ける複数形「octopuses」が安全という感じ。個人的に「octopi」が除かれるのは分かるとしても、「octopodes」がなぜ学者ぶった感じになるのかがよく分かりませんね。

英語に関するポッドキャストの『A Way with Words』でも、pretentious(気取った、自惚れた)という響きになるとされています。

Once and For All, What’s the Plural of “Octopus”?

if you wanted to use the equivalent of a Greek ending on this word, you’d use the rare English word octopodes, try it, and you’ll only sound pretentious.

まあ、誰も使ってないのに、語源的にはこれが正しいという理由だけで一人使うことになるからでしょうか? 幸い、海外番組ではこの「octopodes」を使うキャラはいないみたいですね。

以上、今回は「Octopus(タコ)」の複数形についてでした。お寿司屋さん以外は使いどころのない”ネタ”だったかもね(笑) それでは〜