「Toast」の持つ意味

toast」は既に日本語になってるパンの「トースト」の意味がありますよね。

『マーベラス・ミセス・メイゼル』でミッジがバイトでラジオ声優の仕事をする場面では、「フレンチトーストに合うシロップ」として宣伝してます。ここではもちろんパンのトーストの意味。

ミッジ: It’s simply the most flavorful syrup in the whole wide world. Pour it on your pancakes, your waffle, your French toast.
『マーベラス・ミセス・メイゼル』で、ミッジはラジオの広告声優の仕事
The Marvelous Mrs. Maisel [Credit: Amazon Prime Video]

他にも、「toast」には「乾杯」の意味があったりしますね。

同じく『マーベラス・ミセス・メイゼル』で、最初のエピ冒頭、自分の結婚式で自ら「toast」をするミッジ。「give a toast」と「乾杯の音頭を取る」のでした。

ミッジ: Who gives a toast at her own wedding?
『マーベラス・ミセス・メイゼル』で、自分の結婚式で乾杯のスピーチをするミッジ
The Marvelous Mrs. Maisel [Credit: Amazon Prime Video]

スラング「Toast」の意味

実は、上記以外にも「toast」にはもう一つよく出てくるスラングの意味があるんです。それが「破滅」の意味の「toast」なんです。

toast

(slang, chiefly US, uncountable) Something that will be no more; something subject to impending destruction, harm or injury.

(スラング、主にアメリカで、不可算)もうおしまいである、差し迫った破滅、被害を被る事

使い方は簡単で、「○○ is toast」がテンプレ。主語を変えることで、誰が破滅かを取り替えられます。海外ドラマでの使用例を見てみます。

『ザ・ボーイズ』での「toast」の例

NYPDに身柄を確保されたザ・ボーイズは、これで「ヴォートが破滅の身で、自分たちは自由の身」と甘く考えますが・・・

Vought’s almost toast, we’re almost home free…
『ザ・ボーイズ』で、ザ・ボーイズはNYPD沿岸警備隊に捕まる
The Boys [Credit: Amazon Prime Video]
Amazon Prime Video

『アップロード』での「toast」の例

他にも、『アップロード』では、主人公のデータが入ったドライブをむき出しで持ち歩く母親に、誰かが飲み物をその上にこぼしたら「彼は終わり」とtoastを使って述べるアップロード業者。データが消えちゃうからですね。

Somebody spills a slurpy on that dude, he’s toast.
『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』で、アップロード業者がデータが入ったHDDにジュースをこぼしたら破滅と警告
Upload [Credit: Amazon Prime Video]

最後に

今回は「toast」と、香ばしい匂いがしてきそうな単語に、スラングで「破滅」の意味があることを紹介しました。自身の身の破滅を悟ったら「I’m toast」です(笑)

なお、toastには、他にも形容詞「toasty」にすると「暖かくて快適な」の意味が出たり面白いですね。

それでは、また〜

「Bread and Butter」にすると↓