「Son of a Gun」の意味

son of a gun」という表現について調べていたら面白いことを発見したので、ちょっと紹介。

と、本題に入る前に「son of a gun」の意味について見てみましょう。

son of a gun (plural sons of guns)

Noun(名詞)

  1. (euphemistic) son of a bitch (クソ野郎、ろくでなしの婉曲表現)
  2. Used encouragingly or to compliment(激励したり褒めるのに使われる)

Interjection(間投詞) (euphemistic) Used to express anger, contempt, disgust, astonishment, disappointment, etc.(婉曲的)怒り、侮辱、嫌悪、驚き、落胆を表すのに使われる

ということで、サノバビッチの婉曲表現なんだとか。

海外ドラマでの「Son of a Gun」

以下、海外ドラマでどのように使われるかを見てみます。

『コブラ会』での例

ダニエルと会食するビジネスの知り合いは、ゴルフクラブから追い出されたことに不満を漏らします。son of a gunsはthey(ゴルフクラブ)のことを卑しめて言ってますね。これはson of a bitchの婉曲表現のパターン。ただし、文法的には複数形はsons of gunsなので間違っていますね。移民で英語が正確に分かってないというキャラ設定かな。

They revoke my membership, son of a guns!
『コブラ会』で、ダニエルのビジネスの知り合いはゴルフクラブの不満を漏らす
Cobra Kai [Credit: YouTube Premium]

『ビッグバン★セオリー』での例

ハワードとラジはカードトリックでシェルドンを騙します。外れているけど、ラジは「Son of a gun」で驚いた振りをし、当たったことにします。

ハワード: Three of clubs.
ラジ: Son of a gun, you’re blowing my mind.
『ビッグバン★セオリー』で、ハワードとラジはカードトリックでシェルドンを騙す
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

『奥さまは魔女』で頻出

さて、海外ドラマの字幕を「son of a gun」検索していたら面白いことを発見。なんと、半分以上は『奥さまは魔女』で使われていたからです(笑) こういうときは、それが口癖のキャラが居る事が多いですね。

『奥さまは魔女』の場合は、この人ラリー。ダーリンが働く会社の社長(上司)です。

ラリー: you lucky son of a gun.
『奥さまは魔女』で、ラリーとダーリンはビジネス旅行に行く
Bewitched [Credit: ABC]

ダーリンを呼ぶのに「son of a gun」を使います。拳を作って、軽く叩きながら言うことが多いです。

ラリー: I knew you’d come through, you son of a gun.
『奥さまは魔女』で、ラリーはラリーが来るのを期待してた
Bewitched [Credit: ABC]

もちろん、ダーリンが近くに居ない場合はサマンサで代用(笑)

ラリー: I told you he would be. You son of a gun.
『奥さまは魔女』で、
Bewitched [Credit: ABC]

語源は不明

なお、語源は正確には分かってないようですね。航海用語の説があるみたいですが。

son of a gun

Etymology Folk etymologies suggesting nautical origins are not supported by evidence.

語源として一般に知られる海事説は証拠がない

最後に

今回は「son of a gun」と言うフレーズが口癖のキャラを見つけて、嬉しさのあまり記事にしてしまった(笑)

『奥さまは魔女』のラリーが使う「son of a gun」は侮辱的でもなんでも無いですね。笑いながら、相手の方をコツンと叩きながらなので、喜んでる感じです。その一方、『コブラ会』での使われ方は相手をけなして言ってますね。

こういった違いは、状況を理解すれば一目瞭然です。海外ドラマ視聴はそういったコンテキストが視覚的に与えられるので、分かりやすいですね。だから英語勉強におすすめなんです。それでは〜