「Guilty Pleasure」の意味

guiltyは罪の意識・罪悪感。そしてpleasureは楽しみ。そこから、「guilty pleasure」は後ろめたく人には恥ずかしくて話せない自分の楽しみの事。例えば、就寝前に食べてしまうアイスクリームや、爪を噛むこと、飴玉を噛んじゃうこともあるかも。あるいは、低俗で世間では非難されているテレビ番組を実は楽しんでいるとか、人には胸を張って話せない楽しみのことですね:

guilty pleasure

(idiomatic) Something that brings pleasure but is considered taboo, unadvisable or lowbrow.

(イディオム)喜びをもたらす何か、しかしタブーでおすすめされなく、低俗と見なさる

これを英語では「guilty pleasure」とたった2語で言えるんですけど、日本語だと適切な訳がないような気がします。

『glee/グリー』の「Guilty Pleasure」回

ミュージカルドラマ『glee/グリー』に、この「guilty pleasure」についてのエピソードがあったので紹介。

サムが学校の食堂でマカロニを盗んでいたのを見たブレインは、お金を寄付しようとします。しかし、サムがマカロニを盗んでいるのはお腹が空いていたからではありません。芸術のためだったのです(笑) 一番右は『ベストキッド』

ブレイン: Are those macaroni portraits?
サム: They’re my guilty pleasure.
『glee/グリー』で、「guilty pleasure」のマカロニアートを明かすサム
Glee [Credit: Fox]

拡大すると、マカロニを詰めて絵を描いて入るのが分かります。これがサムのguilty pleasure。人様には言えないけど、個人的に密かに楽しんでいることなのでした(笑) でもさ、別にマカロニ盗まなくてもいいじゃんw

『glee/グリー』で、サムのマカロニアート
Glee [Credit: Fox]

しかし、攻守一転。ブレインのguilty pleasureを聞き出すサムなのでした。ブレインは持ってないと言いますが、誰もが一つは恥ずかしさのため認めることを拒否するものがあるとします。guilty pleasureの定義ですね。

ブレイン: I don’t have a guilty pleasure.
サム: Okay, you’re lying. Everybody’s got that one thing that they like that they’re so ashamed of that they refuse to admit it to anybody.
『glee/グリー』で、サムはブレインの「guilty pleasure」を明かすように迫る
Glee [Credit: Fox]

なお、この『glee/グリー』のエピソードのタイトルは「Guilty Pleasures」で、全編「guilty pleasures」についてです。

他の海外ドラマでの「Guilty Pleasure」の例

GLOW

女子プロレスでだんだん有名になったウェルフェア・クイーンは街角でファンに呼び止められます。そこで、彼女の女子プロ観戦をGuilty pleasureと言われます。このセリフから女子プロGLOWの立ち位置が分かりますね。低俗とみなされているんです。息子はおかんむり。

ファン: I watch every Saturday. Guilty pleasure.
『GLOW』で、ウェルフェア・クイーンは息子と居るところファンの男に呼び止められる
GLOW [Credit: Netflix]

ママと恋に落ちるまで

テッドの朝の楽しみはモーニングショーで、司会が朝の新聞を紹介するコーナー。guilty pleasureとします。ただ、ロビンがこの男をデート相手として連れて来くると話は別。

テッド(ナレーション): These idiotic filler pieces were a guilty pleasure of ours.
『ママと恋に落ちるまで』で、テッドのguilty pleasureは朝のモーニングショーを見ること
How I Met Your Mother [Credit: CBS]

都市を歩くように -フラン・レボウィッツの視点-

最後に、「guilty pleasure」については以前紹介したフラン・レボウィッツが意見を述べていたので紹介します。

彼女にすれば、guilty pleasureは持ってないし、そもそもそんな語彙が存在すること自体が信じられないんだとか。「人々を殺したりしないでしょ」とはフラン・レボウィッツのシニカルな視点。なるほど、彼女に言わせればguilty pleasureと真に言えるのはナチスとかそのレベルなんですね(笑)

I have no guilty pleasures. Pleasure never makes me feel guilty. I think it’s unbelievable that there’s such a phrase as “guilty pleasure.” In other words, Unless your pleasure is killing people.
『都市を歩くように -フラン・レボウィッツの視点-』で、フランはguilty pleasureについて語る
Pretend It’s a City [Credit: Netflix]

最後に

今回は「guilty pleasure」について見てみました。意味は恥ずかしくて他人に言えないような密かな楽しみ。

皆さんの「guilty pleasure」は何でしょうか? 一回考えてみると面白いかもしれませんね。それでは〜


こちらも誰もが持っている↓