「Pleasure」の持つ意味

前回guilty pleasureについて見たので、今回はpleasureそのものについて。

pleasureは挨拶など会話で定番ですよね。

被害者夫: Pleasure meeting you, boys.
『メンタリスト』で、被害者夫は聞き込みを打ち切る
The Mentalist [Credit: CBS]
バーナデット: I went to the Asian market, got the ingredients, made it from scratch.
シェルドン: Oh, you shouldn’t have.
バーナデット: It was my pleasure.
『ビッグバン★セオリー』で、バーナデットはタイ料理をシェルドンのため作る
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

そんなpleasureは動詞としても使われるんですけど、もちろん意味は愉しませる。ただし、状況によっては「性的に」愉しませるという意味合いを帯びることもあるんです(笑)

実際、Wiktionaryにも

pleasure

  1. To give or afford pleasure to.
  2. To give sexual pleasure to.

とありますね。これは挨拶なんかでのpleasureからは想像できないのではないでしょうか?

今回pleasureで色々ググっていたらエロ系サイトが結構ヒットしたのも、2番の意味で頻繁に使われるからでしょうかね。

海外ドラマでの性的な「Pleasure」

以下、海外ドラマではどのようにpleasureが出てくるか例を見てみます。

ママと恋に落ちるまで

バーニーが犬に語りかけているシーン。犬等の動物が自身の性器をなめるのを「you pleasure yourself orally」としていますね。なるほど、あれが「pleasure oneself」ですか。ここのgrossはキモいの意味。

バーニー: even though I think it’s kind of gross when you pleasure yourself orally, don’t ever think that means I’m not impressed.
『ママと恋に落ちるまで』で、バーニーは犬に語りかける
How I Met Your Mother [Credit: CBS]

コミ・カレ!!

別れた妻のことを語るチャン。pleasuredを使って愉しませたと言ってますね。ここは性的な意味が入ってます。

I pleasured that woman greatly.
『コミ・カレ!!』で、スペイン語講師チャンは別れた妻のことを話す
Community [Credit: NBC]

アメリカン・ホラー・ストーリー

シャム双生児の双子に質問をする医師。バージンか聞いてから、pleasure yourselvesするか尋ねます。ここの意味はいわずもがなですね。細かいですが複数形になってます。

医師: So, you’re virgins? Sad for you. But do you at least pleasure yourselves?
『アメリカン・ホラー・ストーリー』で、シャム双生児の双子に質問をする医師
American Horror Story [Credit: 20th Television]

奥さまは魔女

隣に引っ越して来た女性の名前がプレジャーと聞いて驚くサマンサ。プレジャーなら喜ばしそうなんですけど。理由はこの記事を読んだ人なら明らかですね(笑)

ダリン: Sam, I’d like you to meet our new neighbour, Pleasure O’Riley.
サマンサ: Pleasure O’Riley?
プレジャー: All the women react the same way
『奥さまは魔女』で、引っ越してきたプレジャー嬢とサマンサ、ダリン夫婦
Bewitched [Credit: ABC]

最後に

以上のように、「pleasure」には動詞で「性的な喜びを与える」的な意味が出るときもあるんですね。もちろん文脈依存ですけど。

ちなみに、私がこの用法に気付いたのがYouTubeに上がっていたコメディのクリップで(リンクを失念したのでセリフは正確ではありませんが)

A: It’s my pleasure to see you.

B: I’m happy to make you pleasured.

みたいな会話があったから。その時、観客が大笑いしていたんですよね。結局「あなたを性的に喜ばさせてあげられて光栄です」みたいな意味になるのでした(笑)

YouTubeのクリップもなかなか侮れません。それでは〜


「Guilty Pleasure」とは?↓