ラジ: Any chopsticks?
シェルドン: Don’t need chopsticks, this is Thai food.
『ビッグバン★セオリー』で、タイフードを食べるシェルドン、レナード、ハワード、ラジ
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

「Chopstick(箸)」ってなんでチョップ?

英語を勉強し始めると、日本人の我々は割と早く「chopstick」という語彙を習うと思います。というのも意味するのが日本人に必需品の「箸」だからですね。なお、通常2本なのでchopsticksと複数形です。

寿司と箸
Image by Arek Socha from Pixabay

「チョップスティック? 変なの」と、最初は奇妙な響きと思いながらも、ほとんどの人は「chopstick=箸」と頭に記憶して次に進んでしまうと思います。実際、私もそうでした。

でもさ、そもそも箸はなんで英語で「チョップ」なんでしょうか?

stickの部分は分かりますよね。だって「スティック」って細長い棒のことですから。

ドラムとスティック
Image by PaukerTS from Pixabay

問題は「チョップ」です。

以前ヘリコプターが「チョッパー」と呼ばれることについて記事にしましたが、英語「chop」には「切る」という意味がありますね。

でも、箸って明らかに切るのには適していませんよね。どちらかというと、掴むのに最適。

「Chopstick」の語源

そこで、語源を調べたらびっくり。漢字の「」から由来してました。

chopstick

Etymology(語源)

From Chinese Pidgin English chop (“quick”) (compare chop-chop) + stick. The first element is a calque of Chinese 筷子 (kuàizi, “chopstick”), derived from 快 (kuài, “quick”).

Wikipediaに「筷子」について詳しく説明されていますね:

Chopsticks

The Standard Chinese term for chopsticks is kuàizi (Chinese: 筷子). The first character (筷) is a semantic-phonetic compound created with a phonetic part meaning “quick” (快), and a semantic part meaning “bamboo” (竹), using the radical (⺮).

「箸」に対する中国での標準語は「筷子」である。最初の「筷」は素早くを意味する「快」に竹冠を付けたもの。

この「快」を意味する「chop」がチョップスティックの「チョップ」なのでした。素早く使えるってことなんでしょうかね。

既に出会っていたこの「Chop」

そして、実は海外ドラマを結構見てる人なら、この素早くを意味する「chop」に既に何回も出会っているんですよね。

スカイラー: So, chop-chop.
ウォルター: Don’t chop-chop me.
『ブレイキング・バッド』で、ウォルターはスカイラーに「chop-chop」言われる
Breaking Bad [Credit: AMC]

なんと「急ぐ」を意味する「chop-chop」と同じじゃないですか! 既に何百回と出会っていたchop-chopchopstickが全く同じ語源だったなんて・・・

最後に

今回は「お箸🥢」を意味する「chopstick」が、急ぐ時の定番表現「chop-chop」と同じ語源「快」だったことにびっくりして記事にしました。

言語というのが意外なところで繋がっているのに驚きますね。「快」由来の英語は他にもあるのでしょうか? チョップと聞こえたら要注意ですね。

なお、私自身は箸の使い方が下手なので(酷すぎて営業にはなれないと言われたw)、全然「快」じゃないんですけどね。それでは〜