新型コロナウィルスとテレビ業界

2019年末に発生した新型コロナウィルスは人々の生活を一変させ、精神的にも経済的にも疲弊させています。

特に、マスクをするのがデフォルトで人と人の接触がタブー視されてしまうと、ビジネスのあり方も大きく変わらざるを得なくなりました。宅配のアマゾンやストリーミングのネットフリックスが大幅に利益を伸ばす一方、従来の映画館は閉鎖するところまで出てる始末。これは、ディズニーが新作映画『ムーラン』を映画館上映を諦めDisney+での配信に変更した事実が多くを物語っていますね。

もちろん、大きく影響を受けた業界はほぼ全部の領域なのでしょうが、そのうちの一つがハリウッド、映画・テレビ業界です。人との接触ができないため、撮影自体が不可能になってしまったのです。マスクをしたままのキスシーンではハッピーエンドにはなりえないのですね(笑)

その影響は計り知れなく、自分が好きだった『GLOW』が打ち切りの憂き目にあったり、『マーベラス・ミセス・メイゼル』においては、シーズン4を絶賛撮影してる途中にアメリカでの新型コロナウィルスの大流行を受けて、撮影中断の選択をせざるを得ない状況に陥りました。幸い、2021年1月から撮影を再開したようですが、もしドラマ内にメインの子役が居たら、エピソード跨いだら急成長してるという奇妙な光景が見れたかもしれませんね(笑)

一応、マスクを受け入れた海外ドラマもあったようですね。といっても、それは舞台設定が合致しているという数少ないパターンでした。次の『スーパーストア』は大型スーパーが舞台ですから、出演者のマスクは自然に導入できたみたいです。

『スーパーストア』で、マスクをする出演者
Superstore [Credit: NBC]

一方、前述の『マーベラス・ミセス・メイゼル』は1950年代が舞台ですから、こんなことは到底望めないわけでした。

全く新しいテレビ会議で出演者をつなげる手法

そんな中出てきたのが、出演者をテレビ会議でつなげて番組にする手法です。特に、過去の作品のリバイバルが目立つようですね。目的はチャリティーだったり、ファンを楽しませるためだったり。暇になったハリウッドが在宅からできる限りのことをしたのです。

コメディ『コミ・カレ!!』でもそうですし。

映画『ハイスクール・ミュージカル』だってこの通り。

探せば、他の番組でもやってたりしますので、気になる方はYouTubeを検索してみてください。

このセッティングの番組って今までは全く無かったわけですよね。だって以前だったら、普通に一堂会せばいいわけですし。そういう意味では、新型コロナのパンデミックという特殊な状況が生んだ一過性のお約束(Trope)なのかもしれません。来年になればもう忘れられるという。

ところで内容はと言うと、リモートの出演者を画面分割して繋いで、ネットの影響で微妙に間がありつつ昔話をだべったり、当時の台本読んだり、歌を歌ったりのレベルで収まっているのも事実なんですよね。もちろん、ファンとしては先行き不透明な中、それだけでも希望をもらえて嬉しいのは間違いなし。けれども、お世辞にもクオリティは繰り返し見るところまでは達しているとは言えない感じ。カメラクオリティもPC付属のWEBカメラレベルだし。台本なんてものはそもそも存在しなさそうなんです。

『神話クエスト』の「テレワーク中」エピソード

と思ってたんですが、作品として視聴するレベルに達している海外ドラマが、実は一つあったことが2021年の半ばにして判明しました。それが『神話クエスト』なんです。

自分が『神話クエスト』シーズン1を見たのが2020年2月という、新型コロナが少し話題になってきた状況。ドラッグストアにまだマスクが売ってる時期です。この海外ドラマはオンラインゲーム開発会社が舞台なのですけど、オンラインゲームとかやったことなくても楽しめる、脚本がひねられていて素敵な作品です。

それがこの度シーズン2が完結したのでシーズン1の復習をしていたらびっくりです。なんと、太っ腹にもシーズン1終了後に特別エピソードが公開されているではないですか! それが 「テレワーク中(Quarentine)」だったんです。ちなみに「quarentine」は疫病に罹った時の「隔離」の意味で、テレワークではありません。

いずれにしても、彼らがドラマ内のキャラであるゲーム会社の従業員として在宅勤務するエピソード。

CWは当然PC音痴でビデオ会議できずにジョーに怒鳴られる始末ですし(笑)

because you were just pressing buttons.
『神話クエスト』で、CWは機械音痴
Mythic Quest [Credit: Apple TV+]

最後にみんなでテレビ会議上で面白い仕掛けを行うんですけど、上記CWの伏線が回収されると思った人はいないはずです(笑) 詳しくは本編で。

『神話クエスト』で、出演者がテレビ会議
Mythic Quest [Credit: Apple TV+]

なんと、このエピソードはiPhoneとAirPodで撮影されているんですよ(笑)

Mythic Quest: Raven's Banquet (TV Series) / Quarantine (2020) / Trivia

Apple provided iPhones and sets of AirPods to the cast to help facilitate filming the episode.

アップルはこのエピソード撮影を手助けするため、iPhoneとAirPodを主演者に提供した

しかも、エピソード内で出演者が会いに行くシーンがあるのですが、

Mythic Quest: Raven's Banquet (TV Series) / Quarantine (2020) / Trivia

The episode was filmed while shelter in place was in effect, so the scene in which Ian goes to see Poppy was created with visual trickery.

このエピソードは自宅待機が発動中に撮影された。そのため、イアンがポピーに会いに行く場面は映像上の錯覚を使って作られた

という、すごい力の入れようですね(笑)

IMDbでの現時点での評価が★9.5という自分が好きな「ダーク・クワイエット・デス」を超えているのも納得です。現在見ても感動ですから、昨年5月の時点、世界がどうなるのか不透明な時にリアルで見てれば感動も何十倍だったのは間違いありません。

最後に

今回は新型コロナウィルスの世界大流行が産み落とした「出演者がテレビ会議」という番組のスタイルについてでした。こんなものでも、優秀な脚本家が書けば一流の作品になりえるんですね。

ちなみに『神話クエスト』はApple TV+の無料お試しをする際は視聴マストな海外ドラマです。期間も1週間しかないですし。

今回は「テレワーク中(Quarentine)」エピソードの出来が良すぎて驚きのあまり記事にしてしまいました。シーズン2まだなのに(笑)

それでは〜