日本語「フロック」の意味

日本語にフロックってあるじゃないですか。スポーツ、ゲームで偶然うまくいくこと。実力ではなく運という意味のフロック

フロック

  1. 玉つきで,まぐれあたり。
  2. 思いがけずうまくいくこと。まぐれで成功すること。
スーパー大辞林

本日、これの英語が気になったんですよ。だって、英語でflockは「群れ」の意味だし、frockは調べると「フロックコート、ワンピース」と服の意味ですって。どこにもまぐれ成分ないじゃん(笑)

秋の羊の群れ
Image by analogicus from Pixabay

「フロック」の出処

すると、Wikipediaに驚くべき情報が:

フロック

fluke

フルークの誤読。(特にビリヤードなどで)偶然による幸運な成り行き。

えー、嘘でしょ? 「fluke」の誤読ですって。発音記号もちゃんと/fluːk/と「フルーク」にも関わらず。

誰が間違えたの? なんで誤読が定着してんのよ? そもそも、どうやったらflukeがフロックになりえるの?

これ実は不思議なんですよ。人名Lukeは「ロック」? なわけないですよね。「ルーク」です。fluteは「フルート」ですよね、「フロット」ではありません。

Your glee club’s back-to-back victories were flukes.
『glee/グリー』で、スー
Glee [Credit: Fox]

まとめ

残念ながら、日本語「フロック」は発音が誤ったまま定着してしまいましたとさ(日本語外来語よくあるパターン)。せめて「fluke」の意味が「失敗する」だったら良かったんですけどね(笑) それならまさに「fluke」かもw うまく落ちたところで、それでは〜