「Prison Shank」の意味とは?

先日見ていた『ALONE ~孤独のサバイバー~』に面白い語彙が出てきました。参加者が海岸で拾った釘から武器を作ります。そしてそれを「prison shank」と呼ぶんですね。でもここは文明から離れた大自然の中。刑務所ではありません。このshankとは一体何なんでしょう?

I’m gonna use my pink-handled prison shank.
『ALONE ~孤独のサバイバー~』で、参加者はshankを作る
Alone [Credit: History]

実は、海外ドラマが好きな人なら1回は見てると思うんですよ、このshank(笑)

自分が思い出したのは『ブレイキング・バッド』の次のシーン。刑務所の囚人が電話してると突如羽交い締めにされ、数人から刺されるのです。

『ブレイキング・バッド』で、囚人が刺される
Breaking Bad [Credit: AMC]

何回も刺す理由

さて、ここで、なんで彼らは何回も刺しているのでしょうか? コメディですか?(笑)

もちろん、実際のナイフ等の武器ではないからですね。それらは刑務所内には持ち込めません。そのため、刑務所内の身近にあるものを代用して武器を即席で作り、刺す際は致命傷を負わすことが出来ないので何回も突き刺して死を確実なものとしているのです。結構嫌な死に方だと思うのは私だけ?

でも、はたから見るとちょっと滑稽なんですよね、このシーン(笑)

ということで、正解は、この即席武器のことをshankというのでした:

shank

(slang) An improvised stabbing weapon; a shiv.

(スラング) 即席で作った刺す武器、shiv

最後に

今回は「shank」という海外ドラマを多く見てる人なら一度は見たことのある、刑務所内で取り囲まれて刺される際に使用される武器の紹介でした。刑務所内では周りを囲まれそうになったら要注意です!

はっきり言ってこんな単語覚えても全く役に立ちませんが、刑務所ドラマで結構お約束的な場面で出てくるので取り上げてみました。

『ALONE ~孤独のサバイバー~』でshankを使って何をしようとするのかは本編を確認してみて下さい。囚人は刺しませんよ(笑) それでは〜