ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

【祝!】英語字幕で海外ドラマ視聴10,000エピソード突破!

広告

f:id:insaneway:20200208212242j:plain

うひょー、皆さんにお知らせです。

ついにこの瞬間が来ましたよ。なんと、視聴エピソード数10,000を突破しました! 拍手ー👏🏻👏🏻

なんか、めっちゃ嬉しい。数は別に気にしてませんでしたけど、それでも、大台に乗るというのは喜ばしいこと。多分、4桁数見てる人は結構いると思うんですけど、自分の場合は5桁! しかも全部英語字幕ですからね。それだけやってれば、どんなに英語ができなくても、学生時代英語の成績が3と4の間でも、なんだかんだできるようになるわけです。

ということで、今回の記事は、今まで5年間に及ぶ軌跡の簡単な振り返りです。2014年年末に英語字幕でビッグバン★セオリーを見ることを始めてから、2020年1月中旬、ウィッチャーで10,000エピを達成するまでの汗と涙?の物語です。

皆さんの英語の勉強の参考になれば幸いです。

はじまりは酷い字幕から

私はもともと海外ドラマが好きでした。よくツタヤでNUMBERS 天才数学者の事件ファイルとか、メンタリスト等当時流行ってたものを借りてた記憶があります。当時はネトフリなんてなかったもので(笑) でも、当然日本語字幕で見ていたんですよね。戯れに英語字幕で見ようとしたこともありましたけど、全く理解できませんでした。

それが、なぜ英語字幕で見ようと思ったか。

きっかけは酷い日本語字幕だったんです。2014年の年末、たしか、当時はHuluかなんかを見ていたはずですが(ネトフリは2015年9月1日から日本でサービスインなので)、ビッグバン★セオリーのとあるエピソードの日本語字幕がおかしいことに気づいたんです。シェルドンが深夜にレナードを起こして避難訓練する回。その避難訓練の想定シナリオが英語だと「地震」なのに、日本語だと全く別ものに替わっていたんですね。「カナダがアメリカを侵略する」とかそんな感じ。「ゴジラに襲われる」だったかも。とにかく、当時TOEIC675の自分でも一時停止して英語字幕を読めば分かるくらいには誤訳していたんです。なお、今になって考えてみれば、翻訳者は日本人にとって理解しやすいよう意図的に設定を替えてたわけですけど、当時の自分は我が目を疑うくらい驚いたわけ。なんじゃこりゃーって。

こんな嘘字幕を日本語で読むくらいなら英語字幕読んだほうがマシ

と思ったんですね。だって、今まで視聴してきた中にも日本語字幕で頓珍漢な訳がある可能性があるわけじゃないですか。それくらい当時の私はビッグバン★セオリーが大好きだったんですね(笑) それで一念発起、英語字幕でビッグバン★セオリーを最初から見始めたんです。それが、全てのはじまり(ビッグバンだけに。pun intended)。今からだいたい5年前の話。

英語字幕視聴の大変さ

それから次第に英語ができるようになっていって・・・と言えば素敵なサクセスストーリーに聞こえますが、現実は、これがものすごく大変なわけですよ。まず、TOEIC675の自分にとっては英語字幕を読むこと自体がものすごく大変、苦痛。もうね、現実世界にはTOEICに全く出てこない・知らない英単語・イディオム・スラングのオンパレードなわけです。それを一時停止しながら調べて視聴して行ったんだから、今思えばよくめげなかったなと思いますね(笑)

当時作っていた単語帳が以下の記事から拝めます(笑)

www.serendipity.page

自分が当時思っていたことは唯一つ。

ビッグバン★セオリーを理解したい

ただそれだけ。だから、英語字幕視聴で英語が上達するとはこれっぽっちも思ってなかったし、期待なんて滅相もないです(笑) 自分の好きな作品を心から楽しみたい。本当にこれだけの動機だったのですね。だから、あの翻訳者の方には感謝さえしてるんです。

リスニング力向上を実感

さて、そんなこんなで英語字幕で海外番組を見始めたら、ビッグバン★セオリー以外でも英語字幕で見始めるようになりました。昔見たプリズン・ブレイクとかを見たり、他にも有名なシットコムのフレンズや、ギルモア・ガールズもその時見始めた記憶があります。自分が面白いと感じたものを積極的に見始めたんです。すると、1年も経たないうちに効果が現れます。TOEICのIPテストでリスニングが495とカンストしたんですね。自分はそんな効果をもたらしてくれるとは予想だにしなかったので、当時は本当に驚きました。ただ、リーディングは全く向上の気配なし(たしか300台前半)。でも、その頃からか、海外ドラマを英語字幕で見るのが自分の中で楽しくなっていったんですね。英語のフレーズで言えば、grow on meという感じ(笑) ブックオフで中古のDVD大量買いして、寝る暇惜しんで見てたのを思い出します。

TOEIC960達成

1年経過(エピソード数2,500)すると更に定量的効果が現れます。TOEIC のIPテストのリーディングの点数も向上していったのですね。何点取ったかは忘れましたが、時間内にリーディングを終わらせられた達成感だけは今でも鮮明に覚えています。それまでは、どんなに頑張っても時間内に終わらなかったのです(笑) 当時は字幕のおかげで読むのが速くなったと思っていましたが、今にして思うと必ずしもそうだけとは言えない気が。総合的に英語力が向上していったのだと思います。そしてエピソード数3,000前後でTOEIC960に到達です。だから、TOEIC900取りたいという人への私のアドバイスは、「海外ドラマ3、000エピソード見れば取れるよ」です(笑)

英検1級合格

そして、英語字幕視聴から1年半経って、多分、視聴エピソード数も3,500くらいに到達したあたりで英検1級の過去問を戯れにやってみたら、なんと合格できるスコアが出たので早速申し込んでみたのでした。後から別の過去問を解いてみたらボキャブラリが異様に難しいことが分かり、慌ててボキャビル本を購入した経緯がありますけど(笑) ただ、語彙以外は簡単に感じたんです。そうしたら、実際の試験の語彙問題が案外簡単で合格できてしまったという感じです。スピーキングテストはTBBTのシェルドンやBBのウォルターをメンターにして挑んだ記憶がありますね。回答に窮したら、彼らならどう答えるかと考えたのです。だから、当時、ブレイキング・バッドにハマっていたのが分かります(笑)

ブログをドラマの中の英語に変更

それからしばらくして、エピソード数も4,000も過ぎた頃、海外ドラマを英語字幕で見るのってめっちゃ英語勉強に有用じゃね?ということに気づいて、このブログを海外ドラマで英語勉強に特化する方向に変更したのでした。

また、自分のローカルにDBを作って、自分が視聴した海外ドラマの字幕を取り込みだしたのもこのあたりですね。その時のDBが今でも記事を書くのに役立っているのだから面白いものです。

視聴エピソード数が5,000過ぎたあたりでは自分の英語力が順調に伸びているのかどうかイマイチ分かりませんでした。この時期が停滞期と言えば停滞期でしょうか。ただ、前に述べたように、自分のプライオリティは海外ドラマを楽しむことなのであまり気にしませんでしたけど。そして結果的に、8,000を突破すると英語字幕なしでも番組の内容がある程度分かるようになってきたので、その間も順調に英語力は伸びていたんだと思います。また、その頃から、YouTubeもよく見るようになった気がします。というのも、英語だと面白いチャンネルが結構多いんですよ。これは、字幕なしでも英語がわかるようになった福音ですね。

そして、あれよあれよと5年経って10,000エピソード突破に至ったのでした。本当は2019年度中に達成したかったのですが、面白い番組が案外なくて難儀しました。

10,000エピソード達成というと、どの番組が一番英語力向上に役に立ったとか聞きたい方もいるかと思いますが、私のアドバイスは唯一つ:

自分が面白いと思う番組を見る

それだけなんです。

自分の好きな例えが、あなたは映画アマデウスの中の王様だというもの。あくびが3回出たらたとえモーツァルト作曲のものでも、そのオペラは上演中止なんです。

f:id:insaneway:20200208235949j:plain
Amadeus [Credit: Orion Pictures]

すべき質問は「英語の勉強になるかどうか」ではなく、正しくは「自分(の脳みそ)が面白いと思うか」なんですよね。これに気づくのにすごい時間がかかりました(笑) そして、その回答は他人にはわからないのです。

注意点

なお、この記事でメトリックをエピソード数にしてるのはかなりのcatchで、自分はシットコムが大好きなので、半分以上はシットコムで稼いだエピソード数なんですよね。1時間に3本も見られるのです(笑) 対して、ドラマは通常1時間に1エピソードなので、本来エピソード数はメトリックにするべきじゃないんですけど、累積視聴時間なんて分からないので、エピソード数を敢えて使っております。そこはご了承下さい。多分、ballparkだと、1エピソードの平均視聴時間は30分も行かないくらいだと思います。

また、これだけ海外ドラマに時間を突っ込んでいるので、日本のテレビは全く見てませんし、過去持っていた趣味も大半は止めてしまいました。時間は誰でも平等に24時間なので捻出するためには何かを減らす必要があります。でも、それだけ海外ドラマが面白いんだから仕方がないです(笑)

それから、もう一つ重要な点。海外ドラマの視聴でTOEICとか英検のスコアは上がりますが、この方法はめちゃくちゃ時間がかかります。昇進のためのスコアアップだけが必要なら、別の方法を取ったほうが手っ取り早いです。別の記事で述べたように、hackableなテストなんだからhackして何が悪いって感じ。とは言っても、試験が終わったら英語とはおさらばするのでないのなら、この海外ドラマ英語字幕視聴は個人的にかなりおすすめです。なぜなら、めっちゃ楽しいから(笑) 勉強してる感じじゃないし。最初に待ち受けている字幕での視聴の辛さを乗り越えたのら、後は海外ドラマ・ハイで一気にいけますよ。そして何より、安いんですよね(笑)

最後に

ということで、10,000エピソード達成記念に今までの道のりを軽く振り返ってみました。長いようでわりかし短かったですね。少なくても一つ言えるのは、他人より一桁多く物事をすれば、結構な高みに登れるということ。

好きこそものの上手なれ

って本当にその通りですね(笑)

ところで、10,000エピソードって数はすごく感じますか? 皆さんが今まで見てきた日本の番組総数を考えてみれば、それほどじゃないかもかもしれませんよ(笑) その分をもし英語字幕で見ていたとしたら・・・

それでは、また〜。エピソード数20,000でお会いしましょう。