ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Googleアナリティクスを導入して1年・・・

広告

Googleアナリティクス

アクセス数も導入時の5倍にまで増えました。非常ありがたいことで、これもひとえに皆さんのおかげです。

導入から三ヶ月時点の記事はこちらです。

そんなこんなで1年分の数字があるので、先程blogの数字を弄って遊んでいたら、面白いことを発見しました。とその前に、皆さんはこういう話を聞いたことあるでしょうか?「上位1%が世界の富の半分を独占している」 半分か82%か、数字はレポートによってまちまちですけど、いずれにせよ、上位1%が少なくない富を所有してるのは間違いないんですね。

さて、これをBlogに適用したらどうなるでしょう? 富はもちろんアクセス数、そして人々は各記事に当たります。つまり、私が書いた各記事がアクセス数(富)を稼ぎ、全体としてこのBlogのトータルアクセス数(世界の富)になっているわけです。

そこで、私のBlogで上位1%がどのくらいの富(アクセス数)を稼いでいるか調べてみたところ・・・

43%

でした。半分には届きませんでしたが、なんと現実の経済に近い数字が出ちゃいました(笑) これって何なの? 私だけ? 偶然の一致? それとも、なにか科学的に説明できるんでしょうか? こういったblogとの類似性の研究ってあるのかな。

それにしても衝撃です。今まで800ちょっとの記事を書いてきましたが、792の記事をこの瞬間削除しても、まだ43%のアクセスはあるわけです。つまり、普段書いている駄文は上位1%からすれば何の貢献もしていないわけ。あ、この記事がまさにその貢献していない最たるものか(笑)

ちなみに、私のBlogにおけるジェフ・ベゾス(世界一の金持ち)は何かと言うと、What's wrong with you?でした。みんなWhat's wrong with you?って意味をとるのが難しいみたいですね。

他のこのBlogのデータですが、開始当初より検索エンジン経由の流入が少し減りました。それでも82%と高水準。そして、なぜか海外からのアクセスがちょっとずつ微増中。今は海外が15%を占めます。多分、純粋な外国人は少なめと推測しますけど。その他、男女比は半々等あまり変わりはないかな。一応、バズったのが、トランプ大統領への日本人記者の質問で、この瞬間はアクセスを集めまくってちょっと恐怖しました。

というわけで、Googleアナリティクス導入一年経った数字で見る当Blogの現状でした。

What's wrong with you?

最後にここまで読んでくれた皆さんへ、ボーナスとして申し訳程度に英語成分。

What's wrong with you?がどういった時に使えるか、友達(男)があなたの家に泊まり込みに来たと仮定して、列挙してみたいと思います。この例だけでどんな状況で使えるのか一発で分かります。

・友達が勝手にあなたの下着を履いていた時、「 What's wrong with you?

・自分のPCのブラウザの履歴を見たら、怪しいサイトへのアクセス履歴を発見した時、「 What's wrong with you?

・お風呂場のあなた専用のふわふわスポンジが勝手に使われていた時、「 What's wrong with you?

・ここぞという時のご祝儀用に隠し持っていた名酒獺祭が減っているのを発見した時、「 What's wrong with you?

・トイレで明らかにおしっこをこぼしているのに、拭きもしないでほったらかしにされた時、「 What's wrong with you?

・コーヒーを飲んだらあまりのしょっぱさに吹き出して、調べてみたら、砂糖と塩をすげ替えられていたのを発見した時、「 What's wrong with you?

・朝起きたら、あなたが毎朝日課にしている日めくりカレンダーが既に破られていた時、「 What's wrong with you?

・ついに堪忍袋の尾が切れて友達に出ていってもらおうとすると、野球のチケット2枚を入手してくれた友達。いいところもあるんだな許してやるかと思っていると、翌朝から何故か新聞が配達され始めて・・・友達が勝手に新聞の契約をしたのを発見した時、「 What's wrong with you?

よっしゃー、アクセスを集められる魔法の英語表現What's wrong with you?を書きまくったどー! これでこの記事もジェフ・ベゾスの子供くらいにはなれるのかな? というか、上位1%の仲間入り?(笑)