ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

ドラマ内でのヨーコ・オノ

広告

f:id:insaneway:20191024163322j:plain
Image by stuart hampton from Pixabay

コメディでいじられる有名人の中でヨーコ・オノは別格でしょう。ジョン・レノンとのコンビネーションは何か深い意味を持っているみたいで、結構な数の言及があります。全体的にはネガティブなイメージになってます。

ギルモア・ガールズでのイジられ方

ローレライ母娘の結婚についての会話。最後は同じ顔になったとのことでspookyですね。

"marriage, you know, isn't the worst thing in the world. I mean, it's probably better than being hobbled or something like that. And people can evolve together, don't you think?"

"Maybe."

"Yoko and John Lennon did. They just got closer and closer with time. At the end, they had the same face."

"It got a little spooky."

"But cool."

"Yeah, they were lucky."

Gilmore Girls/Season 2/Episode 3

NYボンビー・ガールでのイジられ方

マックスとキャロラインがマックスの新しい彼氏について会話。ジョンとヨーコのawesomeバージョンと言ってから考え直して、ジョンだけと訂正。マックスもヨーコにはなりたくないようですw

"Max, who's Uncle Pennybags? Is he one of the ones who touched you?"

"He's the Monopoly Man."

"See? You guys are perfect for each other. Yeah, Max."

"We're like a more awesome version of John and Yoko. Meaning, like, just John."

2 Broke Girls/Season 3/Episode 16

ビッグバン★セオリーでのイジられ方

この回は本blogでも紹介したことのあるシーン。実際観てたときは全く気づきませんでしたが、バックの曲がYou Can Be My Yoko Onoと歌っていますww

youtubeで該当シーンを見つけましたので、貼っておきます。

www.youtube.com

最後に

こんな感じでヨーコ・オノは大人気です。