ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

名探偵モンク(Monk)の感想

広告

f:id:insaneway:20190129222603j:plain:w250

新しいドラマを見始めた時にもそのドラマを紹介することにしました。今回見始めたのは名探偵モンク。ちょっと古いシリーズかな。ありがちな天才が自分のスキルを使って難事件を解決する探偵物。Numb3rsなら数学だし、Mentalistなら人間心理。モンクは後天性の自閉症的メンタルヘルス。メンヘルはスキルじゃないけれど、天才的観察眼だけだと話に膨らみが出ないので脚本家が縛りプレイ的に付け加えた設定でしょうね。ただ、茶の間的にちょっとイライラするときもある(笑) まだ4話までしか見てないので過去の経緯は不明ですが、まあまあ面白い。とりあえずシーズン1は完走することにしました。キャラが潔癖症と思ったら、街の電信柱を触って数えるなど一貫性がない感じですが、相棒の女性シャローナがいい味を出している。この辺のデコボココンビは探偵物にお馴染みの枠組み。事件の解決がちょっと突飛な感じもするけどしばらく様子見かな。英語は普通。変な言い回しも小難しい用語もないし本当に普通。

www.imdb.com