ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

The Gil-more the Gil-merrier

広告

(追記 2017/11/09)気づきましたが、人が多くいればいるほど楽しいっていう決まり文句のthe more the merrierに掛けてるんですね。別のドラマでthe more the merrierが使われていて気づけました。以下の駄文は、それに気付かず書いたので、読まなくてOKです。っというか、読まないでくださいませ(笑) 一応、「私だって間違えることもあるんです」ということで残しておきます。


This Is UsのTrivia - ドラマの中の英語

This Is Usのトリビアということで、シーズン1エピソード2からギルモア・ガールズの言及があったことを述べましたが、The Gil-more the Gil-merrierの意味がしくっりこなくて、この一週間喉に刺さった骨状態だったので更に考えてみました。再掲します。

トービー: No. I-I'm still gonna be at this party, trying to bang a Gilmore Girl.

ケイト: Well, go for both.

トービー: The Gil-more the Gil-merrier.

This Is Us/Season 1/Episode 2

ここでTobyはKevinのエージェントが開催したパーティーにまだ居るとしています。その理由が(一人の)Gilmore Girlをbangを試みて。bangはここでエッチするの意味だと思います。このGilmore GirlがドラマGilmore Girlsの出演者、つまりローレライの中の人、ローリーの中の人(エミリーは意味していないと考えたい)を意味しているのか、はたまた名字がGilmoreというドラマとは全く関係ない女性を意味しているかは当初全く分かりませんでした。でも、これがハリウッドパーティーであることから二人が招待されている可能性は十分あるのと、次のKateの発言go for both「両方狙いなさい」と言っていることから二人である点、この二点からやはりローレライの中の人とローリーの中の人を意味しているという結論に至りました。そう考えると、最後のTobyのセリフもよく理解できます。Tobyは最初Gilmore Girlsのどちらか一人を狙っていたわけです。しかしKateに両方行けと言われ、多ければ多い程merryとthe + 比較級、the + 比較級を使って言っているわけです。そしてmoreがGilmoreに引っ掛けてあるということですね。

まあ、Tobyができるわけないので言い訳的に半ば冗談で言ってるのは明白ですが。でも、エミリーの中の人の可能性はまだ捨てきれませんね。二人だからエミリー、ローレライという組み合わせの可能性も(しつこい)