ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

海外テレビ入門に Samurai Jack はいかが?

広告

f:id:insaneway:20190129222646j:plain:w300

Samurai Jackは侍をフューチャーしたアニメーション。主人公ジャックの父は日本と中国がミックスしたような国の皇帝で、過去悪霊アクを魔封波で封じ込めて妻と子供と幸せに暮らしていた。しかし、アクが何らかの原因で自由の身となり、皇帝の国に襲いかかってきたから大変だ。一応このことを予期していた皇帝は、プランを既に練っていた。自分の子供を海外へ修行に出し、成長後仇を討ってもらうという相当長期にわたる計画だ。彼は皇帝なんかより中長期計画を策定する際に支援するコンサルが天職だろう。閑話休題。アクの襲撃察知後、子供を海へ逃し、自身はアクに立ち向かう。しかし、アクのパワーは強大すぎて国ごと奴隷にされてしまう。主人公はいろいろな国で修行し、成人後故郷に戻ってくる。すると懐かしの故郷の風景はそこにはなく、アクに支配され、父親の元皇帝も北斗の拳の第三部ファルコの要塞の電気ジェネレーター係みたいなことを強いられている。当然主人公は父を助けた後、アクに悠然と襲いかかり、聖なる刀の力も借りて勝利目前まで最後の一太刀というところまで行く。だが、この悪魔アクの力によって未来へと飛ばされてしまうのだった。そしてその未来はアクに支配されており、宇宙の星々から極悪人を受け入れるディストピアになっている。その未来で一介の侍が如何にして昔の時代に帰るのか、その悪戦苦闘とアクとの対決を余すこと無くアニメ化したのがこのSamurai Jackだ。

本作品は2001年にシーズン1がスタートしたが、シーズン4を最後に中途半端に制作が中止されていたようだ。しかし、今年2017年にシーズン5の完結編が作成され、無事にエンディングを迎えられたという感じの経緯があるみたい。自分は侍という時点で西洋視点の侍アニメと踏んでふて寝を決め込んでいたが、外国人がかなり評価しているので観ることとあいなった。今年2017年のベストという批評家も居た(笑)

感想はここではあまり述べないが、敵キャラのアクも憎めないキャラなのが面白い(アクに萌えたい人はシーズン1エピソード13がおすすめ)。あと映像がそんなに動きがあるわけじゃないけど、美しく感じた。陰と陽というか影の使い方がはっとさせられることが何度かあった。ストーリーも色々な有名映画(侍だけに七人の侍等)や各地の神話をテーマにしたりしてて、知ってるとクスリとなるかもしれない。基本的には過去に戻れるあと一歩でアクから邪魔が入るとかアクを倒せそうで逃がすとかいうパターンが続く。過去に戻って過去のアクを倒してしまうとこの未来はどうなるんだというタイムトラベルにありがちな疑問は考えないほうが良いだろう。全編見るにはちょっと長いので、ショートカットしたい人は、シーズン1の最初数話を見てからシーズン5に跳んでも問題ない。

さて、英語勉強の観点で見ると、Samurai Jackは結構良いマテリアルかもしれない。まず、セリフが極端に少ない。一作品20分程度だが、The Big Bang Theoryと比べると、セリフ量は六分の一くらいしかない。これはジャックが無口であることも影響している。その代わりに先に述べた秀麗な映像で語っているのだと思う。あと、ジャックの英語がぜんぜんカジュアルじゃないので、多分日本人には相当聞きやすい。つまり、音の省略とかネイティブがやってるのをやらない感じ。ジャックが未来に行ってすぐ会う未来人(こいつらからジャック(奴)と呼ばれる)との会話ではその差が歴然としている。そしてたまに出てくる中難易度の英単語もボキャブラリー増強に約立ちそう。unleashed an unspeakable evilとか。ま、ストーリー自体はpredictableなのは否めないけど、結構話題だし、IMDbでも★8.5とすごい高評価なので、先に示したショートカットで見るなら見ても損はないかと思います。

www.imdb.com