ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

正直言うと

広告

正直言うと」はドラマでは典型的な表現なので様々な言い方がありますが、ここでは4つの言い方を比較して、どの言い方が人気があるか手元の字幕DBで調べてみます。その4つとは、truth be told, the truth is, to be honest (with you), to tell (you) the truthになります。今までドラマを見てきた感じでは、the truth isが一番多いと予想しますが、果たしてどうでしょうか?

Truth Be Told(39件)

響き的には畏まった言い方で、フォーマルな感じがします。それ故か、39件しかヒットせず。

The Truth Is(538件)

様々なドラマでまんべんなく年齢差、性差、時代差なく使われている感じ。簡単な言い方ですぐ使えます。学校の英語の授業だけだと、不定詞習った時に出てきた次の2つの言い方しかないと思いがちですが、こんな簡単な言い方がポピュラーなのは面白い。

To Be Honest (with You)(381件)

the truth isから1.5馬身(?)離れての2着。体感だと、with youが付くのが全体の15%くらいの割合かな。副詞的用法だけじゃなく、通常の文中の不定詞としても使われていますね。I got to be honest with you...とか。今回の調査では抜いてありますが。

To Tell (You) the Truth(84件)

内訳は、you付き59件、you無し25件。文中の不定詞としては使われない感じか。

まとめ

1位は予想通りの結果ですね。to be honestが結構使われているのが意外でした。the truth is..に似た表現は他にもthe thing is...とか色々ありますよね。そういった表現は日常会話で頻繁に使われますが、残念ながら、文法に特化している日本の学校では見逃されがち。それで日本人は英語をしゃべれないと言われるのですから困ったものです。

(追記) やはりto be honestが使われ過ぎの気がします。もしかしたら、何かの歌詞かなんかに繰り返し出てきてる可能性がありますね。Gleeとかで。面倒臭いので調べられませんが。

表現 ヒット件数
the truth is 538
to be honest (with you) 381
to tell (you) the truth 84
truth be told 39