ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

吐く

広告

f:id:insaneway:20190530092441p:plain:w120

二日酔い、つわり、病気と言えば嘔吐、吐く。この吐くという動詞を何故か日本人はreverseとしがち。これは多分”戻す”から来てると思いますが、全く通じないこと間違い無し。少し詳しい人はvomitなんか知ってると思います。あとpukeも有名かな。他にも色々な言い方があるので、どの言い方が海外ドラマの中で支配的なのか調べてみました。エントリーは、ドラマの中で聞いたことのあるvomit, puke, retch, ralphと英辞郎の”吐く”に載ってる表現。句動詞throw upは他の意味があり文脈で意味が変わるので今回は除外しました。さて、結果は・・・

吐く(動詞) 出現ポイント
vomit 182
puke 166
ralph 6
retch 2

思った通り、vomitとpukeが二大巨塔でした。少しだけvomitがリード。英辞郎の吐くに載ってる shoot the catとかzuke等々は意外にも全く載ってこず。ralphは固有名詞があるので頭大文字は全て除外しました。The SopranosのラルフとFriendsのラルフローレンをこれで全て外せたはず。それにしても、人の名前なのに吐くなんて意味あるなんて酷い。Ralph ralphed.って文が正しくなってしまう(笑) でも、ザッカーバーグみたいに名前を動詞にする使い方もあるので、Zuckerberg Zuckerberg-ed.という文も正しいのか。

ちなみに、句動詞throw upは外したけど、目測でカウントした感じだと100ptsくらいかな。vomitとralphの中間であることは間違いない感じ。あまり面白くない結果だった。