ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Rain Cats and Dogsって本当に使われてるの?2

広告

Rain Cats and Dogsって本当に使われてるの? - ドラマの中の英語

以前調べたこの土砂降りを表現するrain cats and dogs。前回の結論は、「使われない」。使われるとしても、かなり年配の人か英語が母国語でない移民ということだったのですが、久しぶりに検索してみたらもう一つこの表現が使われているドラマのシーンを見つけました。さて、どんなドラマでどんな人が使っているのでしょうか?

The Handmaid's Taleの医者

The Handmaid's Tale - ドラマの中の英語

The Handmaid's Taleは超保守的キリスト教カルトに支配されたディストピアの話。主人公の女性オフレッドは定期検診に医者の元へ向かいます。体制側の医者はHandmaid達の健康をチェックする重要な役。なにせ、彼女たちには健康な赤ちゃんを産む使命があるのですから。そこでの医者のセリフが下記。天気の話は典型的なsmall talkですね。雨加減をRaining cats and dogsを使って表現しています。それにしても、この医者からこの後重要なことを打ち明けられるオフレッド。信じるのか、それとも・・・。

医者: Raining cats and dogs out there. Well, it's good for my tomatoes. I'm growing heirlooms this year, mostly yellow Valencia.

The Handmaid's Tale/Season 1/Episode 4

f:id:insaneway:20190515175652j:plain
The Handmaid's Tale [Credit: Hulu]

最後に

以上、たった1件のアップデートでした(笑) やはり全然使われないなー。一応、rain無しの"cats and dogs"の犬猿の仲という表現は約30倍使われている印象。思いましたが、日々見たドラマの字幕を手元のDBに取り込んでいますが、こういう風に以前の調査からアップデートがあるのが面白いですね。でも、ドラマを実際見た時はrain cats and dogsなんて全然気づかなかったので不思議な感じ。ちなみに、原書の該当箇所を当たってみましたが、そんなこと一言も言ってないですね。ドラマオリジナルの改編でした。