ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Take the Fifth / 黙秘権を行使する

広告

自分が尋問された時是非とも言ってみたいセリフがこれ、「黙秘権を行使します」。

でも日本ならいざしらず、アメリカで捕まったら何と言えばいいのでしょうか? そもそも「黙秘権」という英単語がでてこないですよね? 黙るだから・・・何だろう? でも実は、これがめちゃくちゃ簡単なんです。なんと、take the FifthだけでOK。

五番目を取るって意味が分からないかも知れませんが、the Fifthはthe Fifth Amendamentの略で、合衆国憲法修正第五条のこと。そしてその修正五条には黙秘権のことが書かれてあるので、動詞takeで黙秘権を行使すると言う意味になるんです。法廷以外でも、答えたくない質問なんかにはtake the Fifthと言ってみるのもいいかもしれませんね。年齢とか今年もらったバレンタインのチョコの数とか(笑)

それでは、海外ドラマの中でどう使われているかを見ていきましょう。

ブレイキング・バッド

ピンクマンをボッコボコにした麻薬捜査官ハンクは内部調査を受けますが、take the Fifthで黙秘を貫きます。しかし,ピンクマンとソウルは法廷に戦いの場を移す気満々です。この後、ウォルターが右往左往することになります(笑)

調査官: That's fine. But just to confirm, you're taking the Fifth here?

ハンク: Yeah, that's correct.

調査官: Okay. Well we just wanna give you all a heads up. Mr. Pinkman is pressing charges in this matter.

Breaking Bad/Season 3/Episode 7

f:id:insaneway:20190503125043j:plain
Breaking Bad [Credit: AMC]

SUITS/スーツ

交通事故の賠償を裁判で闘うハーヴィーとサンタナ。サンタナはアマチュアの法律マニアですが、痛い質問をされ黙秘権を行使します。弁護士のハーヴィーは、犯罪事件ではないから黙秘権は使えないと冷たく述べ、プロとの違いを見せつけます。

ハーヴィー: What color was the light?

サンタナ: I take the Fifth.

ハーヴィー: You can't take the Fifth, Mr. Santana. This isn't a criminal case.

Suits/Season 1/Episode 5

House of Cards

唐突に妻に「太ったと思うか」と聞かれ困惑する州知事。当然、円満夫婦のため黙秘を貫きます。どう答えても状況が悪化するくらいなら、黙秘権。これは見習いたいストラテジー(笑)

夫人: You think I'm fat?

知事: Take the Fifth.

House of Cards/Season 1/Episode 8

最後に

日本語でも9条が特別な意味を為すように、合衆国憲法も修正5条で黙秘権なんですね。修正されたということは、以前は黙秘権の条項は制限されていたんでしょうか。いずれにせよ、答えたくない質問を受けた時にtake the Fifthを使ってみてはいかがでしょうか? まあ、アメリカ人にしか通用しないのかもね? 他の国の五条にはまた別のことが規定されているはずなので。

(追記) 25条についても書きました↓

www.serendipity.page