ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

My Door Is Always Open. / いつでも相談に乗るよ。

広告

f:id:insaneway:20190530005310p:plain:w120

My door's always open.は日本語にぴったしの表現が無いのでもやもやするけど、「私のドアはいつでも開いている→いつでも訪ねてきてね→いつでも相談に乗るよ」ということ。この表現もよく使われますが、本心で言ってるのか社交辞令で言ってるのかは文脈その他で判断する必要がある感じ。早速海外ドラマでの使われ方を見てみましょう。

ビッグバン★セオリーのレナード

学部生に講義するレナード。実験物理に進みたいなら相談にのるとこの表現を使って講義をしめます。なるほど、講義での〆にもってこいの表現ですね。

レナード: So if you are considering going into experimental physics, my door is always open.

The Big Bang Theory/Season 2/Episode 6

f:id:insaneway:20190514153925j:plain
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

HOMELANDのレックス

米国副大統領のBillyは次の大統領選のため、政界の大物Rexのパーティーに参加します。そこでの会話から。大統領選に関しRexは相談にのるよとこの表現で回答します

レックス: It's about time you visited, Billy. You been busy or something?

ビリー: Just waiting for an invitation, Rex.

レックス: My door's always open, you know that.

Homeland/Season 2/Episode 7

The Good DoctorのMarcus

理事会メンバーの一員でもあるMarcus医師はショーンとクレアを患者の麻痺を極小に抑えた功績で褒めます。二人の直接の上司のMelendezがぶっきらぼうなので、相談があるなら乗るよとこの表現で伝えていますね。

マーカス: I'm guessing Melendez doesn't let you know this enough, but you both are doing a great job. And if either of you needs anything, even just to talk, my door's always open.

The Good Doctor/Season 1/Episode 4

最後に

相談に乗ることから分かるように、立場的には上から下への表現ですね。ボスから部下だったり、研究者から学部生。と言っても、深夜2時に訪ねたら怒られるので、文字通り受け止めないでおきましょう(笑)