ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

英検ボキャブラリー問題正解英単語の海外ドラマでの出現頻度調査

広告

2017年度第2回英検準1級を解いてみた - ドラマの中の英語

2017年度第2回英検1級を解いてみた - ドラマの中の英語

前回最新の英検1級・準1級過去問を解いた時に感じたんですが、級間でボキャブラリー問題にそれほど大きな難易度差が無いように感じました。いや、準1級にすごく簡単な問題が混じっていることは分かるんですが、難し目のは1級とそれほど大差ないじゃんみたいな。1級にも簡単なの混じってるし。そこで、前回2017年度第2回の英検1級・準1級の設問1のボキャブラリーの問題で、正解とされた英単語の海外ドラマでの出現頻度を調べてみました。調査方法は、句動詞の問題は外し、形容詞と副詞は同一視、動詞の変化も同一視し、名詞単数複数も同一視しました。他にもあったけど忘れた・・・。自分が今まで見た海外番組の字幕DBで検索し、ヒットするポイントを競います。簡易プログラムを作成し自動集計し、目視で最終チェック時に都合上5の倍数に丸めてあります。 結果は・・・

No. 英検準1級 ポイント 英検1級 ポイント
1 abound 20 frugal 10
2 boost 150 prerequisite 10
3 famine 25 grapple 25
4 diploma 220 broach 15
5 plague 110 versatility 10
6 miscellaneous 10 plausible 65
7 perpetual 50 skirmish 15
8 halt 115 arcane 10
9 divert 85 invincible 25
10 scarce 30 prod 35
11 lenient 5 appall 50
12 persistent 95 coercion 25
13 disrupt 135 posthumous 10
14 adaptation 0 hereditary 20
15 frustrate 215 encroach 15
16 flattery 20 lethargic 0
17 bulky 20 snag 75
18 partial 270 belligerent 20
19 exemption 15 astound 45
20 acknowledge 270 knack 40
21 portray 40 complexion 30
1900 550

ということで、合計ポイントだと約4倍の差ですね。思ったより小さい。見てもらえれば分かりますが、英検準1級は100ポイント以上の英単語が結構あり、そこでポイントを稼いでいる感じです。逆に英検1級は100ポイント以上を叩き出す単語は無いですね、でもsnagとplausibleなんかがポイントゲッターで、英検準1級にあってもおかしくない単語です。plausibleなんてビッグバン★セオリーのシェルドンの口癖みたいなものですし。でもlenientはドラマでは使われないようですね。話し言葉の中に出てこない単語なのか。adaptationはadaptと動詞ならもっとヒットしましたが、名詞は数件でした。lethargicも2件で丸め処置で0件に。思いの外差が少なくすごい意外な結果です。頻度がたった4倍の差なら、ドラマも4倍見れば英検1級合格できるってことでいいのか? まあ、リスニング力とスピーキング力も同時に強化されることは明らかですので、ドラマ鑑賞は英検にもオススメです。面白いので前々回の過去問でも調べてみよう。